Pure Tone

みなさんこんにちは!WSR山岡です。

今日からの「平日の毎日更新」で
月曜日と火曜日を担当することになりました。

私の初投稿として、ご紹介するパーツは「PureTone」のジャックです。

楽器をスタジオ練習・ライブなどで酷使していると頻繁に起こる症状として
アンプで音を出した時にジャック部分で音が途切れてしまったり
ガサガサとノイズが鳴ってしまうという事があります。

原因の一つとして、演奏時にシールドがいろんな方向に引っ張られることによって
シールドのプラグが傾き、ジャックとプラグの接点不良が考えられます。

交換パーツとして、SwitchCraftのジャックが大定番なのですが、
シールドプラグのチップと接触する端子は1つしか無く、
経年劣化や不可抗力によって、シールドプラグをホールドしてくれる力が弱くなってくると、
端子がある方向へのプラグの傾きには強いものの、逆方向・垂直方向にプラグが動くと
接触不良が起こりやすくなってきてしまいます。

それを解決してくれるのが「PureTone」です。
プラグを挿した時にプラグのチップをホールドするホット端子2つと
プラグのスリーブをホールドしてくれるコールド端子2つの計4つが
上下左右にあり、尚且つ実際に接触する端子部分はプラグの形状に合わせて
凹凸した形状になっていますのでより接点が増えてプラグをホールドしてくれるので、
上下左右に傾けても端子が離れるという事はほぼ無いと思います。

ぜひ一度、試してみてください!
プラグを挿す感触だけでその違いが分かるはずです!

山岡

—————————————————————–

WSR(リペア&カスタム工房)

熟練の職人技と信念を持つチーフリペアマン・額田誠が率いる、渋谷に居を構える楽器のリペア&カスタム工房です。
ギター・ベースの調整、パーツ交換、リペア、改造など幅広いオーダーに対応します。

Web : https://www.ikebe-gakki.com/web-ikebe/wsr/index.html