Jim Dunlop Super Pot

今回オススメしたいパーツは「Jim Dunlop Super Pot」です。

見た目に鮮やかな赤が飛び込んでくる印象的なポットですね!

端子の部分が赤い樹脂から飛び出していて、金属の蓋がしっかりと取りついています。
楽器に使われるポットはCTSに代表されるように半オープンの物が多いのですが、
こちらのポットは珍しくクローズドで開口部が無く、微量な埃を侵入させないような構造をしています。

ポット内部では、抵抗体に非腐食性導電素材が採用されいているようで
対腐食・対ノイズ・対摩耗性に優れているそうです。

オープンのポットは、使用環境にもよりますが時間が経つとガリが発生してしまい
ポット交換をせざるを得なかったのですが、、
その点においてSuperPotはかなり期待が持てます。

シャフトを回した感覚もとてもスムーズに動き、重い印象です。
繊細なボリュームの調整が効くのではないでしょうか。
また、製品テストでは700万回転を超える耐久性があるようです。

抵抗値とシャフトのバリエーションが
・スプリットシャフトの500Kと250KのAカーブ
・ソリッドシャフトの250KのAカーブ
どちらもインチサイズであります。

是非、乗せかえてみてはいかがでしょうか?

山岡

—————————————————————–

WSR(リペア&カスタム工房)

熟練の職人技と信念を持つチーフリペアマン・額田誠が率いる、渋谷に居を構える楽器のリペア&カスタム工房です。
ギター・ベースの調整、パーツ交換、リペア、改造など幅広いオーダーに対応します。

Web : https://www.ikebe-gakki.com/web-ikebe/wsr/index.html