今週のリフレット

55年製Fender STのリフレットです。

どうやら、過去に何回かのリフレットを経た個体のようです。

フレットを打つという行為自体はいつもと変わらないのですが、
過去のリフレットでは一度も指板の修正がなされていないようなので、
フレット回りの指板の割れ、欠け、浮き上がりが顕著に見られたので、
指板の修正を行っています。

問題となるのは塗装で・・・

オリジナルの塗装は経年による塗装のひけと劣化がかなりみられるので、
指板面の塗装は着色の感じはもちろん、極薄のトップコートを
かなり細かい番目まで水研したのち、手磨きで仕上げています。

写真ではわかりにくいですが、
ほぼほぼ違和感のない仕上がりになっています。

額田

—————————————————————–

WSR(リペア&カスタム工房)

熟練の職人技と信念を持つチーフリペアマン・額田誠が率いる、渋谷に居を構える楽器のリペア&カスタム工房です。
ギター・ベースの調整、パーツ交換、リペア、改造など幅広いオーダーに対応します。

Web : https://www.ikebe-gakki.com/web-ikebe/wsr/index.html