加工したレンチの使い道

今回は普段使っているツールを紹介します!

とあるパーツに使うために加工をしてある専用のレンチなのですが、
どこに使うか分かりますでしょうか?

正解は…


ビルトインジャックの六角ナットを締めるのに使うレンチです。
ビルトインジャックはコントロールキャビティの内側から六角ナットを締めて固定しますが、
キャビティの大きさやビルトインジャックの取り付け位置によっては
普通のレンチだとボディに当たってしまい六角ナットを上手く締められない場合があります。


左側はレンチの両サイドを削っていて、ある程度狭くても回せます。
右側は切り込みを入れて配線材が通せるようになっていて極度に狭い場所でも。

この加工されたレンチであれば狭いキャビティでも配線を外す事なく作業ができます。
しっかり六角ナットを締めるために重宝しております。

山岡

—————————————————————–

WSR(リペア&カスタム工房)

熟練の職人技と信念を持つチーフリペアマン・額田誠が率いる、渋谷に居を構える楽器のリペア&カスタム工房です。
ギター・ベースの調整、パーツ交換、リペア、改造など幅広いオーダーに対応します。

Web : https://www.ikebe-gakki.com/web-ikebe/wsr/index.html