リプレイスメントパーツのススメ!第11回「ピックガード」

みなさんこんにちは
最近は日に日に気温も下がって来ていますが、体調等崩してないでしょうか。
普段Tシャツ一枚で作業をしている我々も、流石に寒さを感じ始めました(笑)

さて、今回はタイトル通りピックガード(以下PG)についてです。
PGを作成・交換する理由は人それぞれではあると思いますが、PG材が反ってきていたり
破損している箇所がありその修復のための交換や、ストラト等のPGに回路がマウントされている楽器で
削ったり加工するだけでは元の穴等が残ったりするのを嫌う場合等様々です。
例えば第10回の内容の様にPGマウントのシングルPUからハムバッカーPUへ加工する場合、
元々のシングルPUのビス穴が残りますね。
ですが、最も多いのはやはり見た目の変化・装飾的な意味合いでの交換ですね。
ボディの表面積のうち半分以上をPGが占めるモデルは特に印象はガラリと変わります。
パーロイドやベッ甲の物に変えて高級感を出したり、アクリルやミラーのちょっと変わった材で
自分だけのオリジナルギターにしてしまうのも面白いですね。
※サンプル一部
Photo_11

作成風景のご紹介の前に、PGを購入して自分で交換に挑戦してみた事のある方、結構いらっしゃるのではないでしょうか?
そんな中で、メーカー純正でない物に交換しようとしてそのまま完璧に取付出来た方は少ないと思います。
完璧に穴位置や市販されている出来合いのPGの場合、穴の数は合っていても穴位置がずれていたり、
それによってネックポケットが合わなかったり、他のプレートと微妙に干渉してしまい取付が出来なかったり、
逆に隙間が大きく開いてしまう事があります(ジャズベース等)
そういった場合ですとボディやPGに加工が必要だったりと、かえって手間と金額が掛かって
しまう事もあるので、基本的には当工房では新しく作成する事をお勧めしています。

それでは、作成に移りたいと思います。
今回作成するのはナチュラルボディのJBです。このPGをべっ甲柄に交換します。
Photo_12
PGを外したら、大まかに同じサイズにカットした材料に貼り付けます。
つまり、元々のPGをテンプレートとして使います。こうしてトリマーを使う事により、今まで付いていたものと同じ形の
PGを作成する事が出来ます。ですがテンプレートである元のPGに歪みや欠けがある場合はそこまで
同じに出来てしまうので、部分的に修正・もしくはテンプレートを新たに作成する事もあります。
(テンプレートやトリマーについてはFighting Room参照)
Photo_14 Photo_16
外周のラインはこれで完成です。しかし何か物足りませんね…
そう、角が残ったままですね。これにテーパーを付ける為に下記の道具を使います。
Photo_17 Photo_18
アクリルの大地に富士山の如く聳え立っているこのビットは、外周に沿って斜めに削ってくれる優れものです。
上部の銀色の部分を貼り付けているPGに沿わせることで、全体を均一に斜めに落としてくれます。
Photo_19 Photo_20
大分見慣れたPGになってきました、ここまで来ればもう少しです。
ビスの穴を開けて完成です!
Photo_21

Photo_23

最初と比べてかなり印象も変わったのではないでしょうか。
元のPGと同じ形に作成しているので、回路がマウントされていない物はビスを外すだけで
気軽にまた交換出来ることも魅力ですね。
せっかく使っているギター、より自分好みのカッコ良さを追求してみるのも楽しいですよ!