ヘッド折れの作業工程①

昨日の予告どおり、本日から平日はブログを「毎日更新」します!
毎日、ほぼ一枚の写真と短い文章になってしまうと思いますが、
よろしくお付き合い下さい・・・。

今日から数回に渡って、Gibson Melody Makerのヘッド折れ修理をご紹介します。

Dsc_0476

ご覧の様にヘッドが真っ二つに折れてしまっています。
近年のGibsonのギターの多くはヘッドトップに樹脂製の付き板があるので、
木部がパックリと折れてしまっても、ヘッドが取れてしまうということはあまり無いのですが、
Melody Makerには付き板が付いていないんですよね・・・。

しかし、折れた断面が木目に沿って比較的きれいな事と、
繊維を切断して折れている部分が殆ど無いので、
圧着・塗装のみで、補強は入れない修理となりました。

どのような工程を経たかというのはまた明日・・・。

額田