ヘッド折れの作業工程④

Dsc_0474

Dsc_0472

ヘッドトップもバックも微妙な凹凸を研磨して塗装の下地処理をします。

研磨してみると、この塗装がいかに薄いのかが良く分かります。
木地がでるのはあっと言う間です。

今回はシースルーカラーの着色ではないので、
なくなってしまっている木部はパテ埋めをします。

ただ埋めるだけだと、塗装をした後に質感の違いが分かってしまうので、、
木目風にニードルでそれらしい凹凸をつけます。

いよいよ塗装をして完成するのは明日です。

額田