瞬間接着剤

Photo_4 

WSRで使用している瞬間接着剤です。
アルテコ社のEEとW1というグレードの物を主に使っています。
粘度が異なり、EEの方が粘度が低くさらさらしており、
W1はEEに比べ高粘度となっておりトロっとしています。

用途や接着する素材によって使い分けており、細かい隙間や接着部に浸透させたい場合等は前者。
それを嫌う場合や、木材等細孔がある物は後者を主に使用しております。
もしナットが外れてしまったりといった自体が起き、ご自身での接着を行う場合等は、
ある程度の粘度がある接着剤を使用した方が良いと思います。

Photo_5 

ちなみに、楽器修理での使用は細かい部分に用いる事が多々あるため、先端に細いノズルを作って取付けています。
専用のノズルキャップも販売されておりますが、熱収縮チューブを使用して簡単に作成する事が出来ます。
容器の口に取り付けられる太さの熱収縮チューブの一部を温めて縮め、そこが先端になるようにカットするだけです。
DIY精神ですね。

Photo_6 

大久保