タングニッパー

Img_0623

コチラは「タングニッパー」というリフレットに使う道具です。

セルバインディング付きのネックは予め、セルの部分のフレットの足(タング)を
カットしてからフレットを打ち込まなくてはなりません。

Img_0622

タングをカットするという意味では非常に便利な道具ですが、
どんなに上手く使っても、微妙にタングが残ってしまうんですよね・・・。

Img_0621

よって、このタングニッパーでカットした後のフレットの底面を
精密ヤスリで研磨して、こんな感じに綺麗な面を出してあげないといけません。

作業としては非常に細かく手間がかかりますが、
最終的にはセルとフレットの底面をピッタリと綺麗に合わせる事が出来ます。

Img_0625

額田