最高のFenderをお届けするためのイケベ楽器の取り組み ~Fenderセットアップトレーニングセミナー~

2015年11月27日

最高のFenderをお届けするためのイケベ楽器の取り組み ~Fenderセットアップトレーニングセミナー~
>>先日、都内某所にあるFender Music Backstageにて、Fenderのエレキギター、エレキベース、アコースティックギターのセットアップトレーニング(スタッフ向け)を開催していただきました。

IKTborder_1
IMG_7415
>>フェンダー製品が工場出荷時にどのようなセットアップ方法を行っているのかを、米国フェンダーのコロナ工場から直接トレーニングを受けた現役インスペクター(検査員)の方々からマンツーマンで指導をいただきながら、実際にギターやベースの調整をフェンダーの基準に沿って行いました。

IMG_7455
>>Fenderでは工場出荷時に、多様化している音楽趣向やプレイ趣向に合わせ、お買い上げいただいたお客さま自身が調整しやすいように考慮した、バランスの取れたセットアップを行っています。

IMG_7477
>>フェンダーが行っているセットアップの基準を実際にイケベスタッフがその目で確認しました。

IMG_7507
>>その目で確認するのみならず、手を動かしてセットアップの流れから細かい調整まで、インスペクターからマンツーマンで指導いただきながら確認しました。

以下、セットアップトレーニングの様子をご覧ください。
(画像クリックで拡大)

セットアップに使用する工具の中で、もっとも使用するのがフィラーゲージ(すきまゲージ)。

フィラーゲージをフレットと弦の間に挟み、チェックします。

フレットポジションの高さが基準の状態であるかを測ります。

作業の度に、細かく資料と照らし合わせました。

トラスロッドを回しています。

エレキベースのセットアップも行いました。フィラーゲージをあて、ナット溝の調整を行っている様子です。

エレキベースにも、細かいセットアップ基準があります。

イケベスタッフがセットアップした後は、インスペクターの方に細かくチェックしていただきました。

調整によってはエレキ以上に音が左右する、アコースティックギターにも、細かいセットアップ基準があります。

楽器によって測る位置が異なっているポイントを隈なくチェックしました。

IKTborder_2
danraku1

最高のFenderを日本中の楽器ファンへお届けします。

IMG_7649
>>Fenderが工場出荷時に行っているセットアップ方法を学ぶことによって、お買い上げ後に、お持込みいただいたお客さまの楽器の状態がどうなっているかを把握することができ、適切な調整方法をご提供いたします。

 

イケベ楽器は
日本中のプレイヤーに
最高の楽器を届けます

 

fender_it

フェンダーギターはこちらから>>

フェンダーベースはこちらから>>

Tags: , , , ,

TOPへ戻る