Gibson / Double Goldカラーの1957 Les Paul Standard!【ROCK HOUSE Ikebukuro Blog】

2020年1月27日

国内限定ノーガード仕様!そして輝くDouble Goldカラーの大人気57 Les Paulが入荷!!

top1.jpg

Gibson Custom Shop Japan Limited Run 1957 Les Paul Gold Top VOS No Pickguard (Double Gold) 【S/N:7 9840】

本機は19sヒストリックコレクションの1957LP Goldtopをベースに、日本のGoldtopフリークの皆様に向けて企画オーダーされた特別な1本。
1952年に誕生したレスポールモデルはギブソン社の歩みとともに変更される、ルックス、サウンド、弾き味などの仕様遍歴がございますが、本機は50年代ゴールドトップの最終形態となるハムバッカーPU搭載の57Les Paul Goldtopです。ブリッジには後のバースト期まで採用される“チューン-0-マチック&ストップテイルピース”が搭載されております。

top2.jpg

Double Goldと名づけられたゴールドカラーがフィニッシュされており、見る角度、光の当たり具合によって、渋さのある深緑から、明るいグリーンゴールドの色合いまでの変化が楽しめる上、今回はさらにピックガードレス仕様のオーダーによってボディのトップカーブをより広く、艶かしく見ることができるようになっております。
もちろんピックガードは別途付属しておりますので、ビス穴加工さえ施せばいつでも取り付けは可能となります!!

top3.jpg

現在のレギュラーラインナップであるLes Paul 50s Gold Topカラーと比較!
一目瞭然にカスタムショップだからこそできるDouble Goldの渋みが顕著に表れてますね。

PU.jpg

PUにはアンポットのCustom Bucker (アルニコ3)2基搭載。含浸処理がされていない為、ハイゲインなサウンド作りが少し苦手ですが、ピッキングニュアンスを忠実にアウトプットし、アルニコ3ならではのオールド感のサウンドに”The ヒスコレ”感を楽しむことが出来ます。
隠れたポイントとしてピックアップボビンはゼブラでオーダーされており、ポールピースをアジャストできる方のボビンがホワイトになるようデザインされています。

neck.jpg

画像からでは伝わり辛いですが、”57″を銘打った本機のネックシェイプは59LPネックシェイプを採用。フレットはReissue(for R9)仕様になっておりますので、スムースなフィンガリングと長時間のプレイによる手の疲労を軽減してくれる点が、モダンプレイヤーにとっても嬉しいポイントですね!!

top4.jpg

常にGibsonフリークたちの心を翻弄しているHistoric Collection。今回もまたそんなフリークたちを裏切らない特別仕様なモデルです!
是非お見逃し無く!

Spec
■Serial Number: 7 9840
■Weight≒ 4.05kg
■Color: Double Gold

【SPEC】
Body : Plain Maple 2pc & 1pc Mahogany
Neck : 1-Piece Mahogany with Long Neck Tenon / 1959LP NECK
Fingerboard : Rosewood, Reissue 22Frets(for LPR9)
Pickups : Custombucker
Controls : 2 volume 、2 tone 、3-way switch
Bridge / Tailpiece : ABR-1 non wire/ Lightweight Tailpiece w/Long Stud
Tuners : Kluson reissue
Hard ware color : Nickel Aged

カスタムショップ・ブラウン・ハードケース付属

Tags: , , ,

TOPへ戻る