自宅でチューブアンプを鳴らしたい!【ROCK HOUSE Ikebukuro Blog】

2020年3月19日

なかなか自宅では鳴らせないチューブアンプ。しかしエレキギターはチューブアンプで鳴らしてこそ楽器として完成します!
なんとか自宅でチューブアンプを使えないか、、、ということでご紹介するのは・・・

4.jpg


チューブアンプの真のトーンを – どこでも、どんな音量でも。

Universal Audio OX (Amp Top Box)


BOSS WAZA Tube Amp Expander

いずれも「チューブアンプを最高のサウンドで宅録する」のに適した機材となっております。
またスピーカー出力を受け止め音量を調節出来る機能を有しておりますので、大きすぎるアンプのサウンドを最適なサウンドで使用する、という使い方も可能。WAZA Tube Amp Expanderはさらに小出力アンプの出力を「持ち上げる」ステップアップパワーアンプという機能もあります。スタジオやライブでも重宝します。
いずれもスピーカー出力にエフェクトも掛けられますので、空間の演出や、WAZA Tube Amp Expanderの場合はより積極的な音作りも可能。アンプをまるで「マルチエフェクター」の一部のように使うことが出来るようになります。

これらはいわゆる「スピーカーシミュレーター」という事になりますが、他にも

2.jpg


お気に入りのアンプヘッドを使って手軽に録音が可能!

Two Notes TORPEDO Live [Professional Digital Loadbox]


パワーアップしたTorpedo スピーカー・シミュレーター最上位機種のTorpedo Studio誕生!

Two Notes Torpedo Studio 【特価】

もアンプからの出力を受け止めてスピーカーシミュレートを掛けることが出来る機材となります。スピーカー出力を完全にロード(消費しきってしまい音をゼロに)する機材となりますので、こちらは完全に自宅~レコーディング用機材と言えるでしょう。


スピーカーシミュレーターで高い評価を得ているPalmerからパワーアッテネーター登場!

Palmer PDI06 Power Attenuator (8 Ohm)

こちらはアンプからのスピーカー出力を受け止めて適宜音量を調節する機能のみに特化した機材となります。アウトプットもスピーカー出力となりますのでご注意下さい。(上記OXやWAZA Tube Amp Expanderもスピーカーアウト音量調節の上スピーカーに出力する際はスピーカー出力となります。)

3.jpg


スタジオやライブハウスなど大音量でしか、楽しめなかった大型チューブアンプを最も手軽に、本格的な宅録や自宅練習でもその実力を発揮できる画期的な商品。

Mesa Boogie CAB CLONE [8 Ohm] / [16 Ohm]


Mesa Boogie Cab Clone IR[8Ω]

こちらはアンプブランドMESA/BOOGIEのCabCloneシリーズ。
スピーカー出力をロードしてスピーカーシミュレートを掛けてラインアウトする機材です。ご自宅でのチューブアンプの演奏に最適です。

1.jpg


Suhr Amps REACTIVE LOAD I.R.

現代音楽の至宝・Suhrのロードボックス・スピーカーシミュレーター。音良し!


RIVERA Mini Rockcrusher Recording [Load Box Speaker Emulator]

こちらもある年齢層以上には懐かしいRIVERAのロードボックス・スピーカーシミュレーター。

これらはPalmer PDI06 Power Attenuatoを除いてはそれぞれヘッドフォン出力が搭載されておりますので、ご自宅で音を出さずにヘッドフォンだけでのモニタリングが可能です!
これでチューブアンプが自宅でも使用出来ます!!ついにエレキギターの完成ですね!!

Tags: , , , , , , , , ,

TOPへ戻る