プレミアムベースがお届けする本日の逸品!第八百四十三回!【Blog de PREMIUM】

2020年5月16日

実は今、“アトリエZの看板モデル”がいっぱい揃っています!

DSCF1832.JPG
故青木智仁氏の意匠がフルに投影されたブランドを代表するモデル”M#245″、そしてその5弦仕様にあたる”M#265″。
アッシュボディ/メイプル指板の70’sスタイルに加え、青木氏亡き後に「氏の求めていた”音圧”を実現させる為に」採用された”スペクトラムブースト”という独自のワイヤリングが施されるバルトリーニXTCTが齎すパワフルなサウンドは、スラップ奏法に重きを置くプレイヤーはもちろん、今やアクティブJBタイプを代表するモデルとしても知られ、プレイスタイルを問わずジャンルレスに人気を集めているモデルです。
ナチュラルカラーとクリアPG&コントロールパネルというルックスも、ベーシストにとっては最早、馴染み深いものかと思います。

そんな鉄板スペックのモデルが…今なら当店に大集合!

そこで本日は…”選り取り見取り”な状態となっている、ナチュラルカラーのM#245M#265を一挙にご紹介致します!


 

DSCF1833.JPG
M#245 Natural/M
■S/N: 502086
■Weight: ≒3.8kg
販売価格¥220,000(税抜)

まずはこちらの1本。
当機の一番の魅力は…重量!
重たいモデルが多いM#245では驚きの、およそ3.8キロです!
しかしながら、音のコシは決して砕けておらず、当ブランドらしさもしっかりとお楽しみ頂ける仕上がりとなっています!

DSCF1834.JPG
M#245 Natural/M
■S/N: 502122
■Weight: ≒4.2kg
販売価格¥220,000(税抜)

続いてはこちら。
重量はおよそ4.2キロと、前述の502086程ではないですが”アトリエZ”という観点では、比較的軽量な仕上がりとなっています。
当機は整った木目が特徴的で、今ストックしているM#245の中では、ちょっとシャッキリしたサウンドに仕上がっています!

DSCF1835.JPG
M#245 Natural/M
■S/N: 502123
■Weight: ≒4.15kg
販売価格¥220,000(税抜)

最後はこちらの1本。
重量はおよそ4.15キロ。502122の個体とほぼ同じ重量感です。
当機は比較的軽量ながらも、本体が持つ潜在的なロー感に於いて、一番アドバンテージがある印象を感じました。
スラップ奏法はもちろんですが、指やピックで八分音符をひたすら刻みたくなる…そんなキャラクターを持った1本です!


また、ブランドの看板モデルということで、ちょっと面白いショップオーダー品もご用意しています。

DSCF1836.JPG
M#245 Custom N/M Passive
■S/N: 040811
■Weight: ≒4.6kg
販売価格¥216,000(税抜)

M#245のガイドラインはそのままに、バルトリーニXTCTを引っこ抜いた”完全パッシブ仕様”です!
実はパッシブ時のサウンドもご好評のM#245。
当機は、そんな「違った魅力」を余すことなく楽しんで頂ける、ありそうでなかった1本です。
通常仕様との違いは…プリアンプが無いのでトップジャックに変わっているだけで、裏の配線キャビティはそのままとなっています。
重量はおよそ4.6キロ。
前述の3本と比べると比較的重量がしっかりした仕上がりとなっており、パッシブながらに当ブランドのサウンドをしっかりとお楽しみ頂ける1本となっています!


それでは…続いてM#265、いってみます。(ちなみに、いずれも弦間18ミリピッチの大定番です。)

DSCF1837.JPG
M#265 Natural/Maple”18mm Strings Pitch”
■S/N: 502001
■Weight: ≒4.8kg
販売価格¥236,000(税抜)

まずはこちら。下3桁が001…お恥ずかしながら採番基準がわからないのですが、一発目に相応しい1本ですね(笑)
重量は当ブランドらしさが感じられるおよそ4.8キロ。アッシュ材の目もしっかり詰まっていますし、直線的で整った杢が綺麗ですね!
18ミリピッチの定番仕様ということで、今回ご紹介するモデルの中では、ブランドのお手本のような1本ではないかと思います!

DSCF1838.JPG
M#265 Natural/Maple”18mm Strings Pitch”
■S/N: 502059
■Weight: ≒5.0kg
販売価格¥236,000(税抜)

続いてはこちら。
遂に大台突破、重量はおよそ5キロ!(手に持ったとき「うわぁ」てなりました(笑))
重量も然ることながら、本体に潜在的に備わる馬力はアンプを通った音としてもしっかりと具現化しており、引き締まった低音とキレの鋭い高音、それと共にミドルにもしっかりと”骨の太さ”が感じられます。
502001を”お手本”とするならば…当機は更にその上を行く”真骨頂”という言葉が似合いそうな1本です!

DSCF1839.JPG
M#265 Natural/Maple”18mm Strings Pitch”
■S/N: 5020153
■Weight: ≒4.55kg
販売価格¥236,000(税抜)

続いての1本はこちら。
重量はおよそ4.55キロ。前述の2本が重量級だったので軽そうに感じますが、それでも手に取れば”アトリエらしい”重量感です。
サウンドの方は…どことなくM#245の502123と似ているところが感じられ、ちょっとロックに弾きたくなるような印象です。

DSCF1840.JPG
M#265 Natural/Maple”18mm Strings Pitch”
■S/N: 5020154
■Weight: ≒4.55kg
販売価格¥236,000(税抜)

最後はこちら。
重量はおよそ4.4キロ。このスタイルの5弦JBタイプと考えると、軽量に思えてきますね。
こちらは弾いてみたところ、個人的には高/中/低のバランスが良い塩梅で取れている印象です。
スラップでガシガシ攻めるのはもちろん、演奏スタイルやジャンルを問わず、アンサンブルにスッと馴染むサウンドを持った1本では?と思います。


と、いった具合で…今、当店にはナチュラルのM#がとにかくいっぱいあります!
全て”同じモデル”であることは確かなのですが…重量や木目の違い、そしてサウンド。”それぞれの個性”が感じられるのが何とも面白いポイントですし、この記事を書くにあたって比べて、改めてそういった部分を再認識した良いきっかけでした。

なかなか言葉でお伝えするのが難しい部分にはなりますが…
ビビッとくる1本を是非、見つけてみてください!


 

atelier-t-shirt-l.jpg
更に、当店とアトリエZのダブルロゴ入りTシャツプレゼントキャンペーンも開催中!
こちらはご好評につき、ストック切れとなっておりますが、後日配送にて対応しておりますので、是非ともご利用下さいませ!

header.jpg
また、2019年に30周年を迎えたアトリエZ。
その魅力をもっと知って頂ければということで、モデルにクローズアップした特集ブログも、連載形式にてご用意しております。
是非、こちらも併せてご覧下さいませ!

Tags: , ,

TOPへ戻る