番外編2:Betaシリーズ マイナーチェンジ/愛され続ける日本流の70’sフィーリング。創立30周年を迎えた老舗国産ブランド、ATELIER Zに迫る【Blog de PREMIUM】

2020年8月14日

header.jpg
2019年、創立から30周年を向かえ、今尚世代を超えて愛される老舗国産ブランド「ATELIER Z」。

故青木智仁氏の意向を投影したブランドの看板モデル「M#(マグニチュード)シリーズ」や、24フレット仕様のJBタイプという貴重な選択肢の中で支持を集める「Betaシリーズ」等、当店では多くのご好評を頂いているブランドです。

当店は関西随一のストック量と共にオープンから今日まで、その素晴らしさを全国の皆様にお届けしてきたと自負しております。

そんな節目を迎えた当ブランドを、連載形式で改めてご紹介致します。
しばし、お付き合い下さいませ。

<バックナンバー>
【第一回】「M#245編」
【第二回】「M#265編」
【第三回】「Beta編」
【第四回】「Artist Model ~石川俊介~編」
【番外編1】「石川俊介モデル 限定特典ご紹介」
【第五回】「BabyZ編」
【第六回】「Beta 6/32″編」
【番外編2】「Betaシリーズ マイナーチェンジ」
【第七回】「M#245 70’編」
【番外編3】「Beta6/32″ NEWカラー登場」
【第八回】「DJ-190編」


当コーナーの第三回を飾ったブランド2大看板の一角、Betaシリーズがマイナーチェンジしました。
もちろん、ボディシェイプやウッドチョイス等のスペックは従来通り。
ではどこが変わったかというと…搭載プリアンプです。

DSCF2570.JPG
今まではゼノン石川氏と共同開発された、ブランドオリジナルの”EQ-XII”が搭載されていましたが、マイナーチェンジに伴い”M#シリーズ”と同じく、”スペクトラムブースト”が施されたバルトリーニXTCTへと変更されました。(キャビティ内に配置される、ミッド調整のトリムポットも継承しています。)
M#シリーズ、そしてブランドイメージとしても根強い迫力溢れるサウンドを実現させると共に、ボディがやや小振りなBetaシリーズならではのキレの良さが加わったようなサウンドとなっております。

DSCF2573.JPG DSCF2574.JPG
写真左:Beta5 Custom ORB/M
販売価格¥260,000(税抜)
ショッピングページはこちら>>

写真右:Beta4 Custom TP-WH MH/M
販売価格¥244,000(税抜)
ショッピングページはこちら>>

そんな最新スペックを採用するのがこちらの2本。
リニューアル直後ということで、華やかさタップリのカスタムフィニッシュ”オレンジバースト”と、他モデルでもご好評の”トランスペアレント・ホワイト”にて仕上げて頂きました。
お馴染みのナチュラルカラーも捨てがたいところですが、こういったカスタムフィニッシュを纏ったモデルも、当ブランドではご好評を集めております。


以前の仕様ももちろん良かったのですが、今回のマイナーチェンジにより”アトリエZらしさ”をより一層追求した仕上がりになった印象を感じます。
M#かBetaのどちらにしようか迷っていて…という方には純粋な比較もしやすくなったのではないかと思います。

是非、そういった点も感じながら…最新スペックモデルをお楽しみ下さい!
Bartolini XTCTを搭載するBetaシリーズの一覧はこちら!
 

Tags: , , ,

TOPへ戻る