希少なレッドバーチを使用したCraviottoの単板スネアが大特価!【Drum Station 大阪 PREMIUM】

2020年8月15日

はじめましての方ははじめまして!そうでない方もはじめまして!
ドラムステーション大阪プレミアムの杉本です!

普段はツイッターでオススメ商品を紹介したりしてますが、ツイッターだと書ける文章に限りがあるという事でブログに進出してきた次第であります。

ツイッターより濃厚な紹介を皆様にお届けできるよう精進して参ります!

早速いきましょう!今回はコチラ!

IMG_8806.JPG

Craviotto
Red Birch Solid-Shell 14″ x 5.5″
[Private Reserve Snare / Tube Lug Edition]【Drum Station Special Order】です!!

———————————————————–
Craviotto(クラヴィオット)とは…
ドラマーとしても製作者としても活躍したジョニー・クラビオット氏が設立したドラムカンパニー。
シェルの素材やパーツ一つ一つにこだわりぬいた素晴らしい楽器を作り出してきました。
2016年にジョニー・クラビオット氏が亡くなって以降は、少数精鋭のクラフトマン達がその意志と「CRAVIOTTO」を引き継ぎました。
———————————————————–

まずはシンプルでカッコいい木目!所謂シンプルisベスト。
職人達によって丁寧に丁寧に仕上げられたシェルの美しさに惚れ惚れします!
最早芸術の域に達していると言っても過言では無いのかもしれません。。。

IMG_8808.jpg

コチラのスネアはアメリカンバーチの心材(木の中心の部分。強度が高い)であるレッドバーチをシェル材に使用した希少価値も高いスネアです!
特別に選ばれた材のみが許される“プライベート・リザーブ”の名を冠しておりますよ!

シェルとの設置面積が少ないチューブラグ、限りなく薄いオイルフィニッシュ。
レッドバーチ本来の鳴りを最大限に引き出す為のこだわりが随所に見られます!

素材本来のあたたかさやファットさが際立つレッドバーチ単板のシェルに、同素材の単板レインフォースメントを施す事でサウンドを程よく引き締めます…!

IMG_8810.JPG

エッジは45度とシャープ。ヘッドとエッジの接点を最小限に抑えることで、はっきりとした粒立ちが得られ、レスポンスもGOOD!

深さは5.5インチとスタンダードなサイズで、多種多様なジャンルで活躍してくれる事でしょう。

実際に触ってみた感想としましては、広がるような倍音が心地良く、しかしぼやける事は無くしっかりと芯のあるサウンド。たまりません。。。

チューニングレンジが広いので様々な場面で適なチューニングが出来れば、心強い相棒となってくれる。そう感じます。。

そんな「CRAVIOTTO」のこだわりが詰まったスネアが、【展示チョイキズ特価】という事でかなりお買い得なお値段に!

数量限られておりますので少しでも気になった方はお早めにお問い合わせ下さい!

ご注文はこちらからどうぞ!

以上、杉本がお送りしました!また次回!

Tags: , , ,

TOPへ戻る