ボディ材全体にウォルナットが採用された、サテンフィニッシュの特別モデル!【IKEBE USED GUITARS GET】

2020年10月21日

360.1.jpg

Rickenbacker Model 360W Walnut S/N 2018792

ボディ材全体にウォルナットが採用されたサテンフィニッシュの特別なモデル!Rickenbacker 360W Walnutが2014年以来の久しぶりの入荷です!
Rickenbackerの新しい歴史を刻む意欲作を是非、お見逃し無く!

360.2.jpg

360.3.jpg

Body.1.jpg

ミュージシャン心を擽る魅惑のブランド、Rickenbacker!
今回、2014年に新シリーズとして発表された W seriesのラインナップから、久しぶりの入荷となるレアなモデルが入荷です!
歴史あるRickenbackerのラインナップの中でも新たな風となる意欲的なシリーズ、”W Series”!
通常はメイプル材となるボディ材をウォルナットを採用!指板材もメイプルを採用する等、意欲的な試みが施された新シリーズになります。
今回入荷のModel 360W Walnutは、 W seriesの発表があってから初回入荷した2014年以来のレア入荷となります!
初登場時の入荷数は20本。今回は僅か5本の入荷という事でございますので、是非、お見逃し無く!

Body.2.jpg

Rickenbacker、その歴史は古く、1931年から始まります。
Rickenbackerは、いつの時代にあっても会社の方針がぶれる事なく、エレクトリックギターのルーツであるアメリカ国内で生産するという、「メイド・イン・アメリカ」のプライドを常に持つ稀有なブランドであり、過去から現在でも国境を越えた数多くの工場・メーカーから下請けやライセンス生産の申し出があっても常にことわり続けており、今も南カリフォルニアの工場で生産され続けています。

Body.3.jpg

Body.4.jpg

今回の入荷モデルは、2014年以来の入荷となる、Model 360W Walnutです!
300シリーズはボディ材のバック側から要所を削りだし、裏側から蓋をする独自のボディ構造を持ったセミホローボディで、材質はメイプルを採用しておりますが、今回のModel 360Wは、ボディ材全体にウォルナットが採用されたサテンフィニッシュの特別なモデルになります!
通常のメイプルボディとは一味違う、ウォルナット材ならではのミッドレンジの効いたウォームなサウンドがご堪能頂けます!ボディとネックはセットネック構造になります。

Head.1.jpg

Head.2.jpg

Head.3.jpg

ネック材は通常モデルと同じくメイプルを基本に、ウォルナットを組み込んだ構造を持っておりますが、このModel 360Wはフィンガーボードにメイプルを採用!レスポンスが早く、抜けるトーンのネック・フィールがご堪能頂けます!
薄めのスリムネックに1.63インチの細めのナット幅、そして24 3/4インチのミディアムスケールが抜群のプレイヤビリティの良さを生み出しております!弾き易いスケールとナット幅、ネックシェイプが日本人の体格にもよくマッチ致します。

FB.1.jpg

FB.2.jpg

フィンガーボードは前述のようにメイプル指板を採用。ポジションマークは三角のパーロイド・インレイになります。フレット数は24フレットです。近年のコンポーネントギターの如くの、ハイポジションでの操作に対応する、時代を先取っていた仕様となっております!さらにRickenbackerのデザインはハイポジションまでのプレイをも容易にアクセスが可能です。こちらの面でも時代を先取りしていたと言えるでしょう!

PU.1.jpg

PU.2.jpg

ピックアップには300シリーズの基本モデルでは「Hi-Gain PU」が採用されております。今回入荷の360もHi-Gain PUになります。Hi-Gain PUはその名の通りの高出力のシングルコイル・ピックアップで、クラシカルなヴィンテージロックサウンドから、現代的なロックスタイルにも余裕の出力に応えます!
シングルコイルならではの音抜けの良さと適度な甘さを両立したそのサウンドは、同じく多くのミュージシャン達を魅了する稀有なピックアップP-90にも似た、バランスの良い使い易さを持ち合わせており、バッキングではバンドアンサンブルの中でも歌の邪魔をする事の無く、クリアで分離がよく、コード感が出るサウンドを生み出す事を可能に致します!さらにソロワークでもギタリストの真骨頂と言うべくの倍音感がありつつも芯のあるクライングソロトーンを存分にご堪能頂ける事でしょう!このマジックサウンドがビートルズを初め、多くのミュージシャンの心を鷲掴みにしてきました!

Cont.jpg

テールピース.jpg

コントロールはRickenbackerではフロントピックアップを「BASS」、リアピックアップを「TREBLE」と呼び、それぞれ独立したボリュームとトーンを持つ4コントロールとなっております。
そして、Rickenbacker独自の5thコントロールも特筆する所です!60年代~80年代前半まで組み込まれていた「ローカット・コンデンサー」の影響で出力が下がった状態のトレブル側ピックアップと、ベース側ピックアップとのバランスをとる為に、ベース側に追加された5番目のコントロールです。通常のノブと違い、反時計回りが10で、時計回りに回し切ると6前後になります。

現在の330、360、620等のモデルではローカット・コンデンサーは採用されておりませんが、325C64、360/12C63等のCシリーズと同様のコンセプトで生産される一部のモデルのみ、ローカット・コンデンサーがファクトリースペックとして採用されますので、これらのモデルには5thコントロールの目的本来の働きを致しますが、ノーマルモデルでもこの5thコントロールはサウンドメイキングにも大いに活用できる事でしょう!
特にバンドアンサンブルの中でも特に重宝するフロント/リアのハーフトーンにおいて、更にヴァリエーションを増やす事が出来るには、バンドマンにもスタジオ系ミュージシャンにも嬉しい限りです!

360.4.jpg

木目の美しさも際立つウォルナット材ボディ採用モデル!高級感溢れる佇まいがステージでも一際存在感を放ちます!
ウエイトは、約2.96kgと軽量で、長時間のステージやレコーディング、リハーサルでも扱い易いバランスとなっております。

360.5.jpg

ロックの歴史に燦然と輝く、Rickenbackerの意欲作を是非、お見逃し無く!

S/N 2018792
Weight≒2.96kg

ハードケース付属

Specification

Body:Walnut, Semi-Acoustic w/Binding
Neck:Maple, Set-in
Fingerboard:Maple,10”Radius w/Binding
Fret Marker:Triangle
No Frets:24
Scale Length:24 3/4”
Nut Width:1.63”
Pickups:2 Hi-gain Pickup
Hardware:Schaller Machine Head, 6 Saddle Bridge, “R”Tailpiece
Case:Standard Hard case

Tags: , ,

TOPへ戻る