愛され続ける日本流の70’sフィーリング。創立30周年を迎えた老舗国産ブランド、ATELIER Zに迫る/第八回【Blog de PREMIUM】

2021年1月9日

header.jpg
2019年、創立から30周年を向かえ、今尚世代を超えて愛される老舗国産ブランド「ATELIER Z」。

故青木智仁氏の意向を投影したブランドの看板モデル「M#(マグニチュード)シリーズ」や、24フレット仕様のJBタイプという貴重な選択肢の中で支持を集める「Betaシリーズ」等、当店では多くのご好評を頂いているブランドです。

当店は関西随一のストック量と共にオープンから今日まで、その素晴らしさを全国の皆様にお届けしてきたと自負しております。

そんな節目を迎えた当ブランドを、連載形式で改めてご紹介致します。
しばし、お付き合い下さいませ。

-目次-
【第一回】「M#245編」

【第二回】「M#265編」

【第三回】「Beta編」

【第四回】「ArtistModel~石川 俊介~編」

【第五回】「BabyZ編」

【第六回】「Beta 6/32″編」

【第七回】「M#245/70’編」

【番外編:2】「Betaシリーズ マイナーチェンジ」

 


2021年初の投稿でございます。間が空いてしまってすいません…。
不定期連載とはいえ、当コーナーも2年目。これからも引き続き、魅力たっぷりな当ブランドをご紹介させて頂ければと思います。
それでは、本日の主役をご紹介致します。

dj-1.JPG

こちらは限定のスポットモデルとして製作された”DJ-190″。
やや小振りなボディを採用するJBタイプです。
他モデルを見慣れていると、ソリッドカラーというルックスが新鮮に見えてきますね。
実はこのモデル…当ブランドではちょっと珍しく、アルダーボディ/ローズ指板の60’sスタイルを採用しているのです。

ラインナップでも異彩を放つ当モデル。
トラディショナルなウッドチョイスながら、随所にブランドの工夫点が盛り込まれた1本に仕上がっています。

dj-2.JPG

まずはアルダー材を使用するボディ。
前述の通り、フルサイズJBタイプボディではなく、ブランド独自の小柄なボディシェイプが採用されています。
大きな特徴がカッタウェイ。ハイポジションの演奏性を高めるべく、かなり広く、そして深く採られています。
特に高音弦側は見ていただくと分かりやすいかと思います。

このボディ…Betaかと思いきや、スポット生産モデルとして根強い支持を集める”JHJ”シリーズと同様のボディシェイプとなっております。

と、いうことで…

dj-3.JPG

ジョイント部の落とし込み加工も施されています。
広いカッタウェイも相まって、ハイポジションの演奏性はバツグン!22フレットまでストレスなく使うことが出来ます。

dj-4.JPG

続いては電装周り。
こちらはアトリエZの他モデルと同じく、オリジナルのJBタイプPU”JBZ”が前後に搭載されています。

組み合わせられるプリアンプは、DALシリーズや石川俊介氏のシグネイチャーモデル”SIシリーズ”に搭載されるEQ-Mが搭載されています。
このプリ、ちょっと変わった仕組みになっていまして、トレブルはブースト/カット、ベースはブーストのみとなっています。
ベースは欲しい音圧分だけ上げて、トレブルはキレを求めるならブースト方向、耳に刺さる音が気になればカット方向に動かす…ユニークな効きに感じますが、触ってみると直感的に操作できます。

サウンドもバルトリーニと比べると音のコシがあり、個人的にはピック弾きだとこちらにアドバンテージを感じます。
(あくまで好みの話ですので…参考程度に流してください。もちろん、バルトリーニでもピック弾きはイケます。)

dj-5.JPG

ハードウェア周りはM#やBetaと同じく高質量な自社製ブリッジを搭載し、ペグも信頼のゴトー製です。
また、当モデルはトラスロッドと一緒に、KTS製のチタンサポートバーが仕込まれています。
高いネック剛性を実現する為、反りに強くなるのはもちろん、サウンドもドシッと安定します。


数種類のカラーバリエーションも展開される当モデル。
当店ではこちらの2色が即納可能です。

dj-6.jpg

ATELIER Z
DJ-190 Limited (GRM/R)
販売価格¥152,000(税抜)
ショッピングページはこちら>>

dj-7.jpg

ATELIER Z
DJ-190 Limited (BLK/R)
販売価格¥152,000(税抜)
ショッピングページはこちら>>


スポットモデルということで、求めやすい価格を実現しながらも細かな仕様まで抜かりなく仕上げられており、プロのステージでも十二分に活躍できるポテンシャルを持ち合わせた1本となっております。
“JHJ”や”BabyZ”もそうですが、こういったスポットモデルにもしっかりと”プロクオリティ”を宿らせる…プロ御用達ブランドならではのポイントではないでしょうか。

アトリエZからの新たな提案とも形容出来る当モデル。
ファンの方はもちろん、新たに手にされる方にもイチオシのモデルです!
DJシリーズのストックリストはこちら!

Tags: , , ,

TOPへ戻る