【パッシブJB】Three Dots、Fender、MoonのJBモデル3本を試奏比較!【Blog de PREMIUM】

2021年1月17日


 

皆さま、いつもお世話になっております。プレミアムベース 佐々木でございます。

本日は、今よりもっと良い楽器が欲しい!次のステップへ進みたいという方に向けた、さまざまなブランドのパッシブ4弦JBを比較する弾き比べ企画です!

今回は18~20万円ほどの王道JBモデルの3本を用意いたしました!まずは1本目。
 

Three Dots Guitars
JB Model (DGM/R)

本機はPB新商品情報の記事でも取り上げられました、Three Dots GuitarsのJB Modelですね。

プロがそのまま現場へ持っていってそのまま使える、演奏性、信頼性、そして手に届きやすい価格帯でをコンセプトに製作されています。

こちらのモデルは、ベーシストのTak斉藤氏と日本を代表するルシアー菊地嘉幸氏の監修によって生まれたモデル。細かいニュアンスにも反応しつつPAの観点からアンサンブルで混ぜやすい、コンプ感のあるサウンドが特徴的です。このベースで弾いたらCD等で聴くような完成されたサウンドが再生されるという具合ですね。確かに即戦力です….!

今回は主流なローズウッド指板をチョイス。
 

Fender USA
American Professional II Jazz Bass

そして2本目。Fender USAのトラディショナル志向でありつつ、現代のプレイヤーに向けたよりモダンなサウンドで弾きやすく設計されるAmerican Professional IIシリーズのジャズベースですね。

ネックは”Super-Natural”サテン仕上げが施され、スムーズで快適な演奏性を実現し、それ以外にも様々な改良が詰め込まれた、プロの新たなスタンダードとして登場したモデルです。こちらもアルダーボディにローズウッド指板のもので比較。
 

最後にこちら。

Moon
JB-4 LIMITED 40TH VWH/R CE

Moon Guitarsのブランド創設40周年を記念して製作された、本数限定のリミテッドモデルですね。レギュラーモデルのJB-4Cを基に、指板や塗装方法の変更等でコストパフォーマンスを実現したモデルです!

限定モデルですのでこの比較に入れるべきか迷いましたが、ステップアップする為の1本としてぜひ使用して頂きたいと思い、参戦しました…!
 

ではご覧下さい!※ヘッドホン・イヤホン推奨

~使用機材~
アンプヘッド:TRICKFISH BULLHEAD.5K [500W/8Ω]
スピーカーキャビネット:VANDERKLEY 210MT “Standard” [10″×2, 600W 8ohms]
シールドケーブル:BELDEN 8412 5m S/S
動画/録音:iPhone7

 

JBのギラッと、ジャリッと気持ちよいサウンドが有りつつ、しっかりと枠組みに収まってくれる、優等生ですが出るところは出る、そんなイメージのサウンドですね!ボディデザインも弾きやすく設計され、広いジャンルで使えるサウンドです!
 

Fednerらしい太さもしっかりありつつ、ちょっと上品でまとまりの良いサウンド!Fenderの中でもモダンなサウンドなはずですが、ThreeDotsを聴いたあとにこちらを弾くとやはりこのベースもフェンダーらしさの溢れる1本ですね…!これであなたも憧れのFenderユーザー…!
 

やはりMoonらしいゴリッと中低域の塊、ほどよくイナタく、でもバキバキなハイファイさもあるサウンド!こう並べて聴くとこのベースが意外と良い意味で一番古臭いサウンドなのかもしれませんね…!ピックでゴリッとロックにも、激しいスラップにも、落ち着いたバラードにも似合う1本です!
 

いかがでしたでしょうか?

同じパッシブベース、同じ木材の組み合わせでもここまで差が出るとは…!ぜひ参考にして頂ければと思います!

こちらのベース達も、当店でしっかりと調整をしてお客様にお届けいたしますので、気になった方は↑のストックリストまで!

Tags: , , , , ,

TOPへ戻る