ローコストながらも本家に追従する「G&L Tribute」シリーズ!【IKEBE USED GUITARS GET】

2021年3月15日

歴史に残る数々の銘器を開発、製造してきたGeorge FullertonとLeo Fenderが1980年に設立したG&L社。
G&Lで作られる1本1本の楽器には、レオ・フェンダーのスピリットと完全性が変わらず宿っていることを思い起させる存在とし、レオ・フェンダーの妻フィリスはG&Lの名誉会長としてG&L社に残っています。
今回ご紹介するのはインドネシアを生産地とし、ローコストを図りながらも“USA“の血をしっかりと受け継いだ「Tributeシリーズ」!!

G&L
Tribute Series ASAT Classic Bluesboy Semi-Hollow (Blonde/BC)

20210314_132928.jpg

20210314_133015.jpg

スワンプアッシュのもつ中域の『粘り』、メイプルネック・ローズ指板の組み合わせがもたらす『はっきりとした音像とサスティン』、ホロー構造による『程よいエアー感』、ウッドマテリアルの持つそれぞれの特性が、オリジナル製PUと融合しアウトプットするサウンドはまさにG&Lならではの見事さ!

20210314_132942.jpg

20210314_133038.jpg

ボディはF-holeに加え、チェンバー構造のセミホロー仕様になっております。ブリッジはUSAシリーズ同様「ASAT Classic」を採用!!
PUには「MFD single coil」をブリッジ側に、「AS4255C alnico neck humbucker」をフロント側に搭載。程よいコンプレッション感の中でもピッキングニュアンスの追従、高域の角を絶妙にカットされた、サウンドメイキングのしやすいキャラクターを持ち合わせております!
特に「MFD(Magnet Field Design) single coil」は各弦のコイルの高さ調節が可能!シングルコイルでコードをかき鳴らした時にありがちなアンバランスな出音の分離感の問題をスムーズに、自身の好みにカスタマイズできます!!

20210314_132951.jpg

20210314_133047.jpg

「Medium C Shape」を採用した握りやすいネックグリップに、タッチのしやすいミディアムジャンボサイズのフレット、フレット数は22Fと、モダンな仕様を取り込んだ1本!

エントリークラスの方はもちろん、ミドルクラスの方でもご納得頂けるクォリティに間違いなし!
在庫少数につきお早目のご検討を!!

20210314_133108.jpg

■SPEC
Body : Semi-hollow Swamp Ash with twin voice chambers and F-hole
Neck : Hard-Rock Maple, Medium C Shape
Fingerboard : Brazilian Cherry, 9“ Radius
Frets : 22F, Medium Jumbo
PU : (N)Leo Fender-designed G&L MFD single coil bridge pickup, (B) Paul Gagon-designed AS4255C alnico neck humbucker
Pickguard :3-ply (Black,White,Tortoise)
Bridge : Traditional boxed-steel bridge with individual brass saddles
Control : 3-position pickup selector, volume, tone
Finish : Urethane
Case : GIG Bag

Tags: , ,

TOPへ戻る