世界一のDINGWALL取り扱い店ベースハウスに、限定復刻カラーが入荷!【BASS HOUSE Ikebukuro】

2021年5月18日

こんにちは、ベースハウス及川です。

当店の大人気ブランド(私も愛用している) DingwallからFerrari GreenのNGモデルが数量限定で復刻いたしましたね。なんと嬉しいことでしょう。

この情報を得た瞬間に輸入代理店に秒で注文を入れました。

元ペリフェリーのノリー自身もこのカラーを愛用しており、発売当時から人気を誇ったカラーでしたが、Red、Orange、Blueなどと一緒に数年前に廃番カラーとなっておりました。

その後、Blueがマット仕上げで復活したり、WhiteやPurpleなど新しいカラーが登場したり、さらに3PU(NG-3)や6弦仕様、待望のレフティなどが生まれたり、Dingwallは常にアップデートしながら進化し続けておりますね。

今回復刻したFerrari Greenは個人的にとても好きなカラーラインナップでしたので、嬉しい限りです。

欲を言うとSwirlカラーも復活してくれるとさらに嬉しいですね。

塗装のクオリティキープが難しい為に廃番になったという噂ですが、数量限定で頑張ってくれませんかね?笑

さて、今回Ferrari GreenでオーダーしたのはNG-3 5弦3本、NG-3 6弦2本の計5本となります。

このブログを執筆している時点で、各1本ずつは売約となっておりますので、やはり待ち望んでいた方も多いのではないでしょうか。

20210518 1

スペックですがNGの仕様はカラー以外固定ですので、アルダーボディ、メイプルネック&指板、Darkglassプリアンプ搭載となり、マッチングヘッドやスリットの開いたカーボンデザインのPGはこのモデルならではですね。

20210518 2

6弦はストリングガイドもオリジナル形状です。

20210518 3

ちなみにCombustinoはアッシュボディ(オプションでキルトメイプルをトップ材にプラス)、メイプルネック、メイプルorパーフェロー指板、EMGプリアンプ搭載という違いがありますので、サウンドとルックスを合わせてスペックを選べるようになっています。

NGのサウンドはノリーのサウンドの印象が強いと思いますが、いわゆる普通のベースサウンドにも向いております。

私自身バンド活動していた頃から使用していますが、ノリーのようなジェントなどのヘヴィなジャンルではなく、ポップパンク的なジャンルでしたし、弊社の忘年会で歌謡曲を演奏したこともあります。

むしろローBが綺麗に響くのでキーボードとかとも相性が良いんですよね。

まだDingwallに触ったことが無い方は是非一度当店で試奏してみてください。

良い意味で皆さんのイメージも壊してくれると思います。音も弾き心地も。

もちろんダークグラスのエフェクターやヘッドもありますので、「あの音」で試していただいても良いんですけど、まずは素の音を感じていただければ幸いです。笑

dingwall 商品ページはこちら!

過去のdingwall関連記事はこちら!!

・DINGWALL / Lee Sklar II Signature modelのご紹介!

・当店大人気ブランドDingwallからCombustionシリーズを御紹介!

Tags: , ,

TOPへ戻る