エレガントでスタイリッシュなハイエンド5弦ベース「ROSCOE LG3005」【BASS HOUSE Ikebukuro】

2021年5月25日

どうもベースハウス戸田です!
本日は上質キルトメイプルの玉杢が映えるRoscoe(ロスコー)の人気モデルLG3005をご紹介します!

20210525 1
ROSCOE LG3005/35 Exhibition Grade Quilt Maple Top (Faded blue jean)

ROSCOEは、アメリカのノースキャロライナで小規模で生産されているメーカーで
スタンダードな材から希少材まで、良質な素材を厳選し、
その特性を考慮したうえで適所に使用され、一本一本ハンドメイドで製作されます。
フュージョン、ポップス、R&Bとジャンルを問わず各所のベーシストからの人気があるメーカーです!

今回ご紹介するLGシリーズは、小振りで独特なボディデザインのRoscoeを代表するモデルです!

20210525 2

ボディバックにアッシュ、トップ材にはキルテッド・メイプルが採用されており
塗装と相まって非常に鮮やかな仕上がりになっています!

20210525 3

ネックにはロスコー最大の特徴であるパープルハートとメイプルを組み合わせたラミネート・ネックを採用。
非常に強度の高いネックになっております!
指板材にはサップ(木材の外側の白い辺材)が入っており、とても鮮やかですね!

20210525 4

ヘッドトップにもびっしり浮かぶ杢目!マッチングヘッド仕様で、スリムなヘッドシェイプが際立ちます。

なお、ネックスケールは35インチになっており、程よいテンションがかかりタイトかつ太いサウンドに仕上がってます!

20210525 5

PUにはBartolini製のソープバーPUが積まれていて、力強く艶のあるサウンドになってます。
ピッキングのニュアンスが非常に出やすい感じがあるので、
プレイヤーの個性が色濃く出てきますね!

コントロールパネルはマスターボリューム、バランサー、3バンドEQとなっており
ベースミドルトレブルのブースト/カット、加えてミドルのつまみはプッシュ/プルで帯域を選べるようになっているので
前述のPUと相まってさまざまなバリエーションのサウンドメイクが可能です!

【戸田のお気に入りポイント!】
通常のRoscoeでは低めの弦高にセッティングされているのですが
こちらのモデルはブリッジをあえて底上げしており弦高すこし高めにセッティングされてます!
そのため、ロックやメタルなどの力強いピッキングにも対応できます!

いかがでしょうか!
指弾いた時のニュアンスがかなり出やすいので
ファンクやジャズセッションなどでかなり活躍しそうな一本だと思います!

以前よりご興味のあった方もこれを見て興味を持たれた方も是非この機会にチェックしてみて下さい!

Tags: , ,

TOPへ戻る