プレミアムベースがお届けする逸品!Ibanez Ikebe Original 6string Model【Blog de PREMIUM】

2021年5月29日

スタッフも愛用する国産ブランド”Ibanez“。
通常の4弦ベースはもちろん、5弦や6弦といった多弦楽器に強いブランドというのは、既に周知のことと思います。
そんなIbanezですが、イケベ楽器限定販売モデルとして2本の6弦ベースを展開しています!

DSCF4845.JPG

それがこの2本。
どちらもIbanezの看板モデルとして長らく愛される”SR”の6弦ですが、コンセプトは大違い。
それでは、それぞれご紹介させていただきます。

DSCF4846.JPG

Ibanez
SR306EB-WK 【国内イケベ独占販売限定モデル】
ショッピングページはこちら>>

まずはこちら。
SRシリーズに於いて、ラインナップの入り口として多くのユーザーから愛される”SR300E”の6弦仕様です。
登場から脈々と受け継がれる、コンパクトなボディやアクティブサーキット搭載という仕様は当モデルにもしっかり継承されています。

DSCF4847.JPG

手元のコントロールも充実しており、3バンドEQとコイルタップSW(タップ-シリーズ-タップ+ローブースト)が搭載されています。
ボトム特化のサウンドから煌びやかなコードワークに適したサウンドまで、自在にコントロールすることができます。

DSCF4848.JPG

また、SRシリーズの多弦ということで、弦間ピッチは16.5ミリに設定されています。
スラップ時は多少慣れがいる部分こそありますが、速弾き系のリードプレイであれば、ここはうれしいポイントかと思います。
また、これによってネックが全体的にスリムに仕上がるのも、SRシリーズならではのポイントです。

そして、前述画像の通り、一般的なベースと比べてもかなり小さい部類に入るSR。
多弦ベースでこのサイズ感となると、4弦以上に恩恵が感じられますね。
また、ブラックハードウェアと材の導管を塞がないボディーカラー”Weathered Black”は、実は輸出仕様限定のルックスとなっています。
ちなみに”Weatherd”とは風化を意味するそうです。
導管を塞がない艶消し黒…たしかにそんな雰囲気が感じられますね。

また、元来が入り口のモデルということもあり、6弦ベースながらお求めやすい価格帯で展開されているのもポイント。
「6弦って弾いてみたいけど、そもそもプライスラインが高いからなぁ…」という方には、手にしていただく良いきっかけになるかと思います。


 

DSCF4849.JPG

Ibanez
Bass Workshop SRF706-BBF 【国内イケベ独占販売限定モデル】
ショッピングページはこちら>>

一方、こちらのモデルは気兼ねなく…というよりも専門色が強くなる1本。
“Bass Workshopシリーズ”の誕生当初からラインナップされているモデルで、今も尚ロングセールスを続けているフレットレスベース”SRF”の6弦仕様です。

4半世紀以上に渡って愛される”SR”をフレットレスベースに仕立て直すべく、当機独自の仕様が随所に盛り込まれています。
まず、ネックはスルーネックとし、指板はフロントPU手前まで延長されています。
(フレット数にすると、何と30フレット!)
この指板は音階として活用するのはもちろん、フィンガーランプのように使う事も可能。
弦を大きく揺らす柔らかいサウンドは格別です。

DSCF4851.JPG

また、特徴的な電装周りもポイント。マグネットPUに加え、ブリッジサドルにはピエゾPUが採用されており、これらのPUはそれぞれ独立したボリュームでブレンド可能です。
また、それぞれサウンドを補正する装備として、マグネットPUにはアクティブ2バンドEQ、ピエゾPUにはハイカットトーンが搭載されています。
名手に倣ったリードに適したトーンやウッドベース的アプローチまで、手元で自在に出せるところがロングセラーの秘訣なんだろうなぁと思っています。

DSCF4850.JPG

また、出荷時からフラットワウンド弦でセットアップされているところも、演奏スタイルによっては嬉しいポイントかと思います。そのまま使うのはもちろん、ラウンド弦やブラックナイロン弦を張ってみても、面白いかも知れませんね。

市場でもかなり貴重な”既製品の6弦フレットレス”ということで、前回販売時にもあっという間に売れていきましたし、多くの注目を集めたのを今でも鮮明に思い出します。
日頃から多弦に親しまれている方で「6弦もフレットレスで…」という方や「フレットレスでHi-Cが欲しくて…」という方には自信をもってお勧めできる1本です。


どちらも実績十分のモデルのバリエーションとして展開されており、入荷の度にご好評を頂いているモデルです。
また、この両機種は日本では出回らない輸出仕様の貴重なモデル。
熱心なブランドファンの方にとっても、見逃せない存在かと思います。
(筆者もNEWモデルが出るたびに他国のサイトは見てまして…実はこれらも密かに気になっていた存在です。)

コードワークやハイポジ中心のリードプレイ等、6弦だからこそ出来ることも様々。
そんなプレイスタイルにもしっかりと応えてくれるモデルです。
この機会に是非、手に取ってみてください。

Tags: , ,

TOPへ戻る