Modify Archive

イントネーション

フルアコ等ではオリジナルで3弦にラウンド弦を張ってある事が多いですが、3弦にプレーン弦を張る場合、イントネーションの事を考えなくてはいけません・・・。 アジャスタブルブリッジであれば問題は無いのですが、そうでない場合はブ […]
Read More

USACG

こちらはUSACGというブランドのボディー・ネックを組み込んだものです。1ピース・アッシュのHSS仕様のTLです。 このUSACG、かなり細かい仕様のオーダーが可能らしいです。しかも、結構凄い精度で仕上げてくるんですよ! […]
Read More

Black Beauty

これはGibson SG Jrでしょうか?Specialと呼ぶべきなのでしょうか?元々は1PUのSGのフロントにDuncan custom shopのAlnico V PUをマウントしました。見た目にはSG版のBlack […]
Read More

Jacksonの5弦ベース

斬新なルックスのJackson 5弦ベースです。Jaclsonのベースでこういうボディーシェイプのものは初めて見ました。 かなり変形したボディーですが、ネックとの重量バランスが良いですし、スタンドに置いた時のバランスも非 […]
Read More

EB-0を・・・。

60’sのEB-0のリアにフロントと同じPUを取り付けて、2PU仕様にしています。EB-3で取り付けられているミニハムだと、ポールピースのピッチが狭いので、1・4弦の音量が厳しい事がありますが、こちらの場合は […]
Read More

PBの組み込み

70’sのFenderネックに塗装済みのボディーをセットして、各パーツ類を組み込んで、1本のPBにしています。 こういう作業の場合、ネック、ピックガード、PU、ブリッジ全てのセンターをしっかり出してあげないと […]
Read More

ザグリ加工

Flaxwoodのボディートップはラウンドなので、径の大きなPush SWを取り付けるためには落とし込みの加工をしなくてはなりません。 15mmの貫通穴の周りに17mmの落とし込み加工がしてあります。当然の事ながら、それ […]
Read More

P.R.SへのSustainer取りつけ

P.R.S Private Stock Custom24へのSustainer取り付けです。 写真では分からないのですが、Sustainerの基板部分のザグリはトップがアーチになっているため、ボディーエンドに向かうにした […]
Read More

3SのJM

Squier Jazzmasterを3S仕様に改造してみました。 それに合わせて、トグルSWを5wayレバーSWに変更して、VolumeとToneの位置も変更しています。 サウンド的にも、コントロールの配置的にも使い勝手 […]
Read More

Agular OBP-3配線

シリアルNoは伏せています AgularのプリアンプOBP-3の配線を行った様子です。プリアンプやGK等の配線の多い物の組み込みは配線ラインを少なくまとめ、向かい合うパーツや配線がなるべく平行になるように配置していくと、 […]
Read More