Repair Archive

私的には

先週のスキャロップナットの続きです。 ヘッド角のある幅広ナットの場合、 ナットに対する弦の接地はナット幅の1/2~1/3程度に抑えたいんですよね。 STなどの方連ペグのついたモデルと違って、 両連ペグの場合、特に3・4弦 […]
Read More

今週のリフレット

セルバインディング付きのネックですが、 タングを切らずに打つというZemaitisのリフレットです。 今回も最大に拡大して撮っています。 肉眼ではほぼ見えないのですが、 ホコリとかセルについている細かい傷や バフのワック […]
Read More

エレキギターペグ

エレキギターに使われているペグには主に2種類あります。 クルーソンタイプとロトマチックタイプですが、サイズが異なります。 ペグの交換時には互換性があるかどうか加工が必要なのか知っておくと選び間違いません! 比較してみると […]
Read More

喰い切り

これからフレットレスの加工に入ります。 ネックの状態などを確認し、 フレットレスにして問題ないかを判断したのち、 フレットを抜いていきます。 フレットを抜いて、 フレットの代わりに木材を埋めることになるので、 ネックの剛 […]
Read More

舟形ジャックプレートの取り付け向き

ジャックは、菊ワッシャーが無いとナットが勝手に外れてしまったりします。 外れてしまった際に、ジャックを固定せずに表からナットを締めていくと 中で空転してしまい断線の恐れがあります。 必ずドライバーなどでプレートを外してか […]
Read More

ブリッジ交換

Les Paul Specialのバータイプのブリッジから、 Montreux custom wrap around bridge Chromeへ交換します。 wrap around bridgeでは、イントネーションを […]
Read More

今週のリフレット

Fender’70sメイプル指板のリフレットです。 フレットを抜いた後、指板の修正をして、 下地の塗装ののち、フレットを打ち、着色。 トップのクリヤーを吹いた状態です。 一見、綺麗に見えますが・・・ これから […]
Read More

弦アース

リハーサルスタジオなどでギター・ベースを弾いていない時に アンプから「ジー」とノイズが出てしまっていて「故障してしまった!?」 と思った事などありませんか? アンプに繋げて両手を離している状態で出ているノイズの量と ギタ […]
Read More

フレットすり合わせ

今回はすり合わせ作業になります。 写真ですと最後の磨きの段階で、 これからバフィングして終了となります。 手前のサンドペーパーは、 #600/#1200の番手で、 蛇腹になっているのはフレットを、 指板の際から磨くために […]
Read More

先週の続き

先週の木曜日のFender JBです。 セルを剥がしたのち、セルと指板サイドに付いた接着剤を除去。 Rが狂ってしまっている指板をすり合わせて、 フレット溝を切り直して、セルの接着をして、リフレットしました。 セルを新しい […]
Read More