Repair Archive

フィンガーレスト

Fenderのジャズベースやプレシジョンベースの 1弦側にある黒い棒のような物をどう使うかご存知でしょうか? これは「フィンガーレスト」です。 近年では親指をピックアップの上に置いてその他の指で弦を弾く弾き方が主流ですが […]
Read More

ヴィンテージ

写真はとある国産ヴィンテージギターのフレットです。 現代のフレットと異なり、 指板に喰いこませるためのスタッドがありません。 その為、接着材を用いて固定されているようですね。 こういった場合は経年変化で接着能力が落ちてし […]
Read More

メイプル指板

フレットを抜いて、塗装前の2本のネックです。 メイプル指板のネックの塗装と言っても・・・ ラッカーだったり、ウレタンだったり、 サテンだったり、グロスだったり、 着色があったり、なかったり・・・ 1本1本、塗装の仕様が違 […]
Read More

GR4

10数年ぶりにSteinberger GR4のリフレットです。 フレットを抜いてみると、 近年のSynapseシリーズと違って、 スタッドによる指板の欠けが全く起こりません。 リッチライトでも同様な感じがありました。 指 […]
Read More

fホール

今回はfホールについてです。 主に「フルアコースティックギター/セミアコースティックギター/テレキャスターシンライン」などに見られます。 最初にfホールが採用されたギターは1922年に発売された「Gibson L-5」と […]
Read More

私的には

先週のスキャロップナットの続きです。 ヘッド角のある幅広ナットの場合、 ナットに対する弦の接地はナット幅の1/2~1/3程度に抑えたいんですよね。 STなどの方連ペグのついたモデルと違って、 両連ペグの場合、特に3・4弦 […]
Read More

今週のリフレット

セルバインディング付きのネックですが、 タングを切らずに打つというZemaitisのリフレットです。 今回も最大に拡大して撮っています。 肉眼ではほぼ見えないのですが、 ホコリとかセルについている細かい傷や バフのワック […]
Read More

エレキギターペグ

エレキギターに使われているペグには主に2種類あります。 クルーソンタイプとロトマチックタイプですが、サイズが異なります。 ペグの交換時には互換性があるかどうか加工が必要なのか知っておくと選び間違いません! 比較してみると […]
Read More

喰い切り

これからフレットレスの加工に入ります。 ネックの状態などを確認し、 フレットレスにして問題ないかを判断したのち、 フレットを抜いていきます。 フレットを抜いて、 フレットの代わりに木材を埋めることになるので、 ネックの剛 […]
Read More

舟形ジャックプレートの取り付け向き

ジャックは、菊ワッシャーが無いとナットが勝手に外れてしまったりします。 外れてしまった際に、ジャックを固定せずに表からナットを締めていくと 中で空転してしまい断線の恐れがあります。 必ずドライバーなどでプレートを外してか […]
Read More