Monthly Archive:: 2013年09月

リプレイスメントパーツのススメ!第22回「ポットシャフトノイズ対策グッズ」

みなさんこんにちは  楽器には様々なノブが用いられております。操作性や外観等も多種多様で、皆様お好みの物があると思います。そんなノブの中でも「メタルノブ」!重厚な存在感を放つ金属製のノブが好きな方も多いのではな […]
Read More

Ibanezオクターブ調整機構

IbanezのSynchroniZR TremoloBridgeです。 こちらのブリッジや、同社のEdge-Zero等のブリッジには オクターブ調整の際に便利な機構が備わっております。 フロイドタイプのブリッジ等でブリッ […]
Read More

Jacksonの5弦ベース

斬新なルックスのJackson 5弦ベースです。Jaclsonのベースでこういうボディーシェイプのものは初めて見ました。 かなり変形したボディーですが、ネックとの重量バランスが良いですし、スタンドに置いた時のバランスも非 […]
Read More

EB-0を・・・。

60’sのEB-0のリアにフロントと同じPUを取り付けて、2PU仕様にしています。EB-3で取り付けられているミニハムだと、ポールピースのピッチが狭いので、1・4弦の音量が厳しい事がありますが、こちらの場合は […]
Read More

PBの組み込み

70’sのFenderネックに塗装済みのボディーをセットして、各パーツ類を組み込んで、1本のPBにしています。 こういう作業の場合、ネック、ピックガード、PU、ブリッジ全てのセンターをしっかり出してあげないと […]
Read More

ザグリ加工

Flaxwoodのボディートップはラウンドなので、径の大きなPush SWを取り付けるためには落とし込みの加工をしなくてはなりません。 15mmの貫通穴の周りに17mmの落とし込み加工がしてあります。当然の事ながら、それ […]
Read More

Ibanezノブ

 こちらはIbanezのギターについているノブなのですが、独特の構造を持っており外し方が分からないというご質問を頂く事があります。 ただ差し込んである訳でもなく、横から固定しているようなイモネジも見えませんが… […]
Read More

キクワッシャー

ポット交換で持ち込まれた某国産ギターに使われているキクワッシャー(左)です。こうして並べてみると何かのギアみたいですね。 突起部分がボディー側とポット側に食い込み摩擦を生み出して緩むのを抑えるのですが、コチラは外側と内側 […]
Read More

修理痕

もう随分前に直したヘッド欠けの修理跡です。 見た目は気にしないから、1弦のペグを取り付けられるように・・・。という修理依頼をいただいたものです。 圧迫して欠けてしまったような感じだったので、かけた断面をルーティングでキレ […]
Read More

BLOOD AXE FESTIVAL 2013

先日の土曜日に「BLOOD AXE FESTIVAL」というイベントにお邪魔してきました。 このイベントは2000年から続いているNew School hardcoreのイベントで、海外からのアーチストも交えて、毎年かな […]
Read More