さて、今月もJim DunlopとJescarのフレット考察の続きです。 前回はクラウンのサイズについてのお話でしたが、 今回はタングとスタッドについてのお話です。 この部分の幅や大きさ、長さ(今回は割愛)はネックのコン […]