Monthly Archive:: 2016年12月

サドル溝

交換用として流通している Tune-O-Maticタイプのブリッジの多くは、 交換後に楽器の状態や仕様に合わせて サドルの弦溝を切る事が前提となっている為、 購入段階では弦溝が施されていません。 当然、そのまま使用すると […]
Read More

RM-ProⅡ

先週ロックナット側をご紹介した、 YamahaのRM-proⅡブリッジです。 RMはRockin’ Magicの略称の様ですね。 こちらのブリッジでは、 ロック式でありながらボールエンドを切らずに 弦を張るこ […]
Read More

ビス折れ

最近のGibson製品ではエンドピンのところに、 恐らく緩み止め材ではないかと思いますが、 こういった青い物体が入っています。 折れたビスの上からハンダで少しだけ暖めてあげると、 周りが柔らかくなり、 みょーんと写真の様 […]
Read More

#50078

先週のぼってりとした塗装が乗った TLのリフレットです。 Jescarの#50078という幅が1.98mmと細めながらも 高さが1.27mmという意外と高さのあるフレットを打ち込んでいます。 現在はクリアの塗装が完了し、 […]
Read More

イモネジ

作業中に回らないイモネジが・・ 取り出してみると写真の様に山が潰れてしまっていますね。 こういった場合は交換してしまうのが一番いいですが、 軽度の場合は目立てヤスリで修正してしまうやり方もなくは無いです。 あくまで応急処 […]
Read More

Yamaha ロックナット

YamahaのMGに搭載されていた、 二本のイモネジが仕込まれており、 ナット側での弦高が調整可能な Yamahaオリジナルのロックナットです。 ビスで固定されてはいますが、 以前紹介したGibsonやWarwickのナ […]
Read More

EC Mid Booster

Fenderのクラプトンモデルに搭載されている、 ミッドブースター回路の画像です。 このブースター回路やノイズレスPUが ECサウンドの特徴の中でも大きな比重を締めています。 ちなみに上記画像はFenderJapanの物 […]
Read More

大陸・・・

とある楽器のピックガードの作成です。 (ご存知の方も多いかと存じますが・・・) うねうねしたこの感じは非常に大変です。 作業中もこの形状に合わせて体を動かすので、 うねうねしながら作成しています。 ガード単体で見るとどこ […]
Read More

ぼってり

70’sのFender TLのリフレットにて・・・。 ハイフレットの方はぼってりと塗装が乗ってしまっていて、 フレットレスワンダー状態になっています(苦笑)。 むむむ・・・。 こういうのはフレットを抜くのも大 […]
Read More

Gotoh

後藤ガットさんのパッケージが新しくなりましたね。 パーケージ内の製品が見えるので、 店頭で目的の商品を探し易くなっていいですね。 西山
Read More