Swing away pull sideway tremolo

Img_0770

コチラはGibsonが60年代に開発したSwing away pull sideway Tremoloという
やたらと長い名前のトレモロのパネルを開けたところです。

トレモロユニットとして考えると、その機構はユニークで複雑です。

アーミングのアクションとして、通常のものと90度方向が違うので、
なかなか使いにくいのが難点ですが・・・。

エレキギターの進化の過程で色々な試行錯誤が行われているのを
目の当たりにする非常に楽しいですね!

額田