Ibanezオクターブ調整機構

Photo

IbanezのSynchroniZR TremoloBridgeです。
こちらのブリッジや、同社のEdge-Zero等のブリッジには
オクターブ調整の際に便利な機構が備わっております。

フロイドタイプのブリッジ等でブリッジプレートへと
サドルを直接六角ネジで押さえ込んで固定してある物の場合、
オクターブ調整の際に弦を何度も緩める必要があったり、
位置の細かな調整等が難しかったりと、中々お客様ご自身では
手を付け辛いという点もあるかと思います。

photo_2

Photo_3

こちらのブリッジでは、
オクターブ調整の際に上記画像の調整用ボルトをサドル後方に取り付ける事で、
サドルを固定している六角ナットを緩めても
弦に引っ張られてサドルの位置がズレない事に加え、
この調整用ボルトを緩めたり締め込む事で細かなサドル位置の調整が可能です。
しかも、弦の真下からずらした位置に六角ナットが配置してあるために
弦が六角レンチの邪魔にならないというこだわり様は流石です。
我々リペアマンとしても、もちろん調整し易く助かりますし、
これならお客様自身でも気軽に調整出来ると思います。

それとこのSynchroniZR TremoloBridgeですが、
アーミングが非常に滑らかな動きでとても気持ちいいです。
一度使ってみると病み付きになります。
アーミングのトルク感はケーラー等に通じる所があり柔らかで、
音程の変化量についてはかなりガッツリと動かす事もできます。
ロックナットで無いながらもチューニングの安定性も良いので、
機会があれば是非お試し下さい。

大久保