すり合わせ

Img_1164

リフレットは大変工程の多い修理の一つです。

元の楽器の状態をチェックして、フレットを一本一本抜いていき・・・。
最終的に仕上がるまでには結構な時間がかかります。

その中の工程の一つは「すり合わせ」です。
しかし、指板の正確な直線出しと正確な打ち込みを行っていれば、
フレット頂点の頭だしは殆ど時間がかかりません・・。

各工程の中でも、最も短時間なのかもしれません。

額田