EC

1

ご存知の方も多いと思いますが、
クラプトンモデルのストラトでは木製のブロックを
イナーシャブロックとボディの間に挟み込み、
ブリッジが動かないように固定してあります。
上記画像はFender出荷時の状態ですが、
スプリングも5本掛けで調整ビスも最大まで
締め込んでありますね。

よって、もしアームダウンを行いたかったり
フローティング状態で使用したい場合は
ブロックを外しスプリングの張り等を
調整する必要があります。

ブロックを挟みブリッジを固定している音色は、
通常のノンフローティングともハードテイルとも
違った響きとなりますので、
クラプトンファンでなくともアームを使用しない
ストラトユーザーの方は試してみると
気に入ったサウンドが得られるかもしれませんね。

大久保