トラスロッド・・・②。

Img_1253

昨日、少しお話をしたいわゆる旧タイプのRickenbackerのトラスロッドです。

Mosriteとは違って、ナットの部分は溶接されておらず、
アルミで出来ているんですよね・・・。

しかし、このアルミが経年変化でグズグズになってきて・・・
結果として、Uの字に曲がったトラスロッドを押し上げて、
指板を剥がしてしまうという症例が大変多いです。

また、トラスロッド自体が大変細いので、
ナットを締めこむ事によって、ねじれが生じてしまうのも原因の一つです。

Img_1255

よって、こんな感じでブラス板を削りだして・・・
スリットを入れて(最終的にはにはもっと深くする)あげると、
トラブルを回避できます・・・。

額田