フルアコブリッジ

Img_1356 

KAYに搭載されているブリッジの木台の写真です。

フルアコのブリッジは殆んどの場合トップに乗っているだけで、
弦のテンションで押さえつけて初めて固定されるようになっている為、
非常にずれやすく弦の張替えの時などは手間を感じる方も多いですね。

その中の一つの解決法としてこういった台座の下に針を出し、
動かないように作られている製品もあるんですね。

この方法だと確かにズレは少なくなるのですが、
写真の様に傷を残してしまうのであまり上手い処置とは言い難く、
個人的には削り取ってしまいたくなります。

よく見かけるやり方としては両面テープで止めているのが多いでしょうか。
しかし、こちらのやり方も長い時間貼りっぱなしにしていると、
テープの糊が残りきれいに取り除く事が困難になるときもあるので注意が必要ですね。

西山