ノイズ対策

Img_1257

ジャガーのキャビティー内の画像です。
シールディングのやり方も、こういった金属プレートを使ったやり方や、
銅箔やアルミ箔をキャビティー内に張り巡らしたやり方も御座います。

画像の場合ですと、ノイズ対策として不十分なところがあり、
回路全体をシールディングしていないため効果はあまり望めないんですよね。

回路全体をきっちりとシールディングしていくためには、
銅箔をキャビティー全体に張りつけるか、導電塗料をキャビティー全体に塗り、
金属のコントロールプレートやピックガードに銅箔やアルミ箔を張り、
全体に蓋をするようなイメージですね。
回路全体を金属の箱の中に入れるのと同じような状態にしてあげるとかなり効果が期待出来るんです。

当店では導電塗料を用いております。
楽器によりキャビティー内の形状は様々ですので、
やはり作業性はこちらの方が圧倒的に良いのではないでしょうか。

こういった処置の目的はノイズを軽減する為に行うのですが、
今度は音の問題として高域が落ちてしまい、ジャキッとした感じが若干失われてしまうので、
とても悩ましいところではありますが、
結局ノイズレス加工を依頼される方が殆んどです。
気になりだすと止まらないんですよね・・・

西山