リプレイスメントパーツのススメ!第28回「ARM TENSION SPRING」

みなさんこんにちは

今回ご紹介させて頂くパーツは、
ALL PARTSより販売されている
「ARM TENSION SPRING」というパーツです。

1
こちらは小さなスプリングではありますが、
まさに縁の下の力持ちと呼ぶに相応しい
パーツとなっております。

ストラト等のシンクロブリッジのモデルを使用していて、
アームが好みの位置で止まってくれなかったり、
カタついたりして不要な共振音をピックアップが
拾ってしまう事に悩まされてはいないでしょうか。
今回の「ARM TENSION SPRING」は
そういった症状を改善してくれるパーツになります。

2 
使い方はアーム取付穴に入れて使用します。
スプリングがアームに下から程よいテンションをかけてくれる為、
アームがブラブラと動き回ったりカタつくのを
防止してくれます。

3 
取付けに当たっては前述の通りアーム取付穴に
入れるだけなので簡単ですが、
途中で引っ掛かったり等でスプリングが適正な位置に
無い状態でアームを差し込んで行ってしまうと、
ネジ山にダメージが生じる可能性が御座いますので
ご注意下さい。

また、スプリングの厚さがありますので、
今まで使用していた状態よりもアームが
ボディトップに対して高い位置に来る事になります。
アームの距離感が気になる場合は少しスプリングの長さを
カットして調整してあげると良いでしょう。

新品時に最初から取り付いているモデルも多いので、
存在を知らずとも使っている人も多いかと思います。
店頭等に並んでいるストラト等のアーム取り付け部分に
張ってあるシールはこのバネが落っこちないように
するためのものです。

4 
アームを外している時のスプリング落下防止策としては
上記の様にシールやテープを貼っておく他に、
マグネットをくっつけておいたり、
固めのグリスを一緒に入れておくとある程度
落ち辛くなりますしネジ山の保護にもなります。
最初からスプリングが付いているモデルに関しては
グリスが入っている物も多いですね。

アーム取り付け穴に入るスプリングであれば他の物でも
同じ効果が得られるといえばそうですが、
こちらのパーツは専用に作ってあるだけあって
適度なテンション感がかかりスプリングの線径も太く
安定感があり壊れ難いのでオススメです。

大久保