リプレイスメントパーツのススメ!第29回「MASTERY BRIDGE」

みなさんこんにちは

1

Photo

今回ご紹介させて頂くパーツは、
「Mastery Bridge」(リンク)という主にジャガー(JG)や
ジャズマスター(JM)、ムスタング(MG)等のブリッジ用の
交換パーツになります。

JM・JG・MG等で採用されているブリッジの構造の場合、

①ブリッジユニット全体が傾いてしまい不安定である
②弦落ちがしやすい
③サドルの位置がズレやすい

といった傾向がありますが、Mastery Bridgeは
そういった問題点を改善出来る構造となっており、
それに加え、サウンドへのアプローチも大きく
変わるブリッジとなっております。

Photo_2

JM・JG・MGの純正ブリッジの場合、
ブリッジの足に対して受側のアンカー穴のサイズが
大きめに作られているため遊びがあり、
ブリッジユニットが前後に傾いてしまう状態に
なってしまっています。
これによりオクターブ位置や弦高が不安定になるといった
問題が生じる事があります。
また、ススメ!第14回「BUZZ STOP BAR」の際にも
触れましたが弦の張られる角度が浅く、
弦が乗る溝も浅いため、弦落ちやサドルの位置の
ズレが生じやすいです。

3

Mastery Bridgeではアンカーに対して
殆んどジャストサイズの足を使用する事で
ブリッジユニットの傾きが生じません。
これがこのMastery Bridgeの最も大きな
特徴かと思います。

4

足の太さは0.31インチと0.315インチの物があり、
後者が基本的にミリ規格の楽器に適合するように
なっております。
※一部のモデルではどちらも無加工での取り付けが
 不可能な物も御座います。

Photo_3

サドルも特徴的な構造になっており、
1~3弦・4~6弦を1つのサドルで受け持っており、
2本の六角ネジにより固定されています。
1つのサドルに対して2本のネジが
付いている事によって非常に安定しており、
サドルが動いてしまう事が無い様になっております。
オクターブの調整は上記の2本のネジで
サドルの傾き具合を変化させ調整します。
弦の乗る溝も余裕がある作りで弦落ちの心配も無いですね。

サウンドの変化については純正の物と比べると
非常にシャープな音色に変化したように感じられ、
カッティング等を行うととても歯切れ良い音を出力してくれます。
意外とカッチリした音になり過ぎず、
ピッキングのニュアンスも出し易いですね。
接地面が増えた事によってかサスティーンの伸びも
良くなったように感じました。
音程感も不安定になる要素を徹底して取り除いているだけあって
濁りのない透明感のある響きになりました。

如何でしたでしょうか。
JG・JM・MGユーザーの方々には痒い所に
手の届く非常に有能なブリッジだと思います。
是非ご検討下さい。

大久保