リプレイスメントパーツのススメ!第30回「Nut&Saddle Spacer」

みなさんこんにちは

今回紹介させて頂くのは、
フロイドローズの細かな調整に便利な
「Nut Specer」と「Saddle Spacer」の二つです。

1 「Nut Specer」

2 「Saddle Spacer」

それぞれロックナット・サドルの下に敷いて
高さを調整するためのパーツで、
基本的には所謂オリジナルフロイドローズに
適したサイズで作られておりますが、
ライセンスのフロイドローズでも
多くの物に使用する事が出来非常に便利です。

3

まず、NutSpecerは前述の通りロックナットの下に
敷き高さをかさ上げする事が出来ます。

4

0.1mm・0.2mm・0,3mmの3種類が
ラインナップされておりますので
状況に合わせて適正な厚みの物を
選択する事が出来ます。
オリジナルフロイドローズのロックナット以外に
使用する場合はサイズが大きい事があるので
その場合は削ったりカットして使用します。
二箇所の「凹」になっている所は
ロックナット取付けビスが被らない様に
空けてある部分です。
中心で計測してピッチが13,5mmですので
多くのロックナットに対応しております。

5

もう一つのSaddleSpacerも同様に
目的のサドルの下に敷いて使用します。
フロイドローズブリッジでは各弦での
弦高の調整が行う事が出来ないため、
指板のアールやネックの状態によっては
特定のサドルが高い・低いといった状態になり
プレイヤーの思い通りの弦高バランスに
調整するのが困難な事もあります。

そこでSaddleSpacerを使用し各サドルの高さの
バランスを指板アールや好みの状態に合わせ、
その上でブリッジ全体の高さを調節する事で
希望の弦高感を得ることが出来ます。
こちらのSaddleSpacerは0,2mmと0,3mmが
ラインナップされております。

フロイドローズを使用していて
弦高バランスに不満がある方、
更なる演奏性を探求したい方、
試してみてはいかがでしょうか。

大久保