狭スペース

Img_0918 「出来るだけボディーの加工を少なくしたい」というご依頼も多く、
ギリギリのスペースに取り付けることもあり、
今回の写真もそんな加工中の写真になります。

ピックガードマウントの場合、
パーツがキャビティー内のどの位置にあるのかというのが見た目では分かりにくく、
位置出しが困難になります。

キャビティーの周りにマスキングを貼り、その上にガードの外周を描く、
そうするとガードとキャビティーの堀の距離がわかります。

それを基準に距離を測り収まるか収まらないかの判断をしていきます。

今回はピッタリサイズで収まることが出来ました。
これより上にも下にも動かせないミラクルなスペースが空いていました。

回路を変えたいけどスペースが心配と言う方は是非ご相談ください。
もしかしたら今回の様にボディーの加工なしに収まることがあるかもしれません。

西山