エンドピンジャック

001

アコースティックギターでピックアップが搭載されている物は、
エンドピンジャックが採用されている物が殆どですが、
楽器の振動やストラップによる摩擦等で、
基本的には使用していれば、いずれ緩んできます。

緩んできた場合、当然再度締め込む必要がありますが、
ただ単に表側からナットを締め込んでも、
ボディ内部のジャック本体側が滑って、
締め込みたいナットと共にクルクルと回ってしまい、
しっかりとした固定が出来ない事が多いです。

002

そこで、エンドピンジャックには側面に穴が開いているのですが、
その穴に金属の棒等を差し込んで押さえる事で、
ジャック本体が滑って回ってしまう事を防ぎながら、
しっかりと固定し直す事が可能です。

サウンドホールから腕を入れてジャックまで手が届く方は、
ジャックを直接押さえながらナットを締めても問題は無いですが、
前述のやり方の方が簡単かつしっかりと固定することが出来ます。

また、固定されていてもシールドが奥まで差し込めなかったり、
ナットを限界まで締め込んでいるのにジャックがガタつく場合は、
ジャックの首を出す長さを調節し直してから再度固定しましょう。

緩んだ状態での使用はトラブルの元です。
ライブやスタジオ等での練習の際は、
締めなおせる道具を持っていると安心ですね。

大久保