ブリッジ下

003 Tune-o-muticのタイプのブリッジはある程度ネックの差し角が必要となり、
角度が浅いとエレベーション
(弦高調整用のスタッドについているナット、写真はスタッドと一体になっているタイプですが)
がボディトップ(ピックガード)に着地してしまいもう少し下げたいのに、
弦高を低くすることが出来なくなってしまっている楽器を良く見かけます。

それを解決する為の作成途中のGibson SGのピックガードの写真です。
エレベーションの大きさに合わせてガードを加工したところで、
ここから更にブリッジ下の部分も当たってしまうので楕円形に切り取って完成になります。

ABR-1タイプですと直接ナットを回さないと調整が出来ないのでこういった加工をしても調整は手間ですが、
今回はGotoho GE103に交換しており、マイナスドライバーでスタッド上部からアクセスできるので、
とても実用的な改造になりました。

西山