アコギ弦高調整

 

1

アコースティックギターにおいて弦高を下げたい場合、
ネックが適正な状態である事が前提ですが、
基本的にはサドル部分を削る事で弦高を下げていきます。

その際、弦高の数値自体も勿論重要ですが、
弦の張り始めからサドルに向かう弦の角度も、
注意しなければならないポイントの一つです。
サドルが低くなっていくと当然前述の角度は浅くなっていき、
テンションが掛かり辛くなっていきます。
極端に角度が浅い状態の場合、サドル部分で弦が鳴いてしまい、
しっかりとした音とならなかったり、
アンダーサドルタイプのピックアップが取付いている場合は、
ピックアップの出力に問題が生じる事もあります。

何か一つの作業を行った際には、
相対的に様々な部分で影響し合い、
変化が生じる事になります。
予め、何の為にその作業をするのか、
結果としてどういった部分で影響し合うのかを、
しっかりと考え作業を行っていくことが、
楽器修理に限らず大切な事だと思います。

大久保