ピッチとサイズ

003

近年生産されている多くのハムバッカーPUでは、
ポールピースが弦間ピッチの広いものに対応するように同一モデルでも、
ワイドピッチの物が用意されている場合が多いです。

例えば、
DiMarzioだと「F SPACE」
Seymour Duncanだと「Trembacker」
というモデルがそれに相当します。

DiMarzioの場合はボビンもベースプレートも同一形状で、
ポールピースのピッチだけが違うのですが、
Seymour Duncanの場合はベースプレートとボビンの大きさが
約2mmほど大きく作られています。

この2mmという大きさが取り付けの際にはなかなか微妙なサイズで、
ピックガードマウントの場合等は少し加工が必要になる事が多いです・・・。

額田