シングルコイル

1

2

一般的なヴィンテージスタイルの、
シングルコイルピックアップのコイルを外した様子です。
ポールピース自体がマグネットとなっており、
ボビンを支える柱の役割も担っております。
また、上記画像の物はポールピースがそのままむき出しですが、
昨今のシングルコイルPUではテープ等を用いて、
コイルとポールピースが直接接触してしまうのを予防している物も多いです。

画像ではハトメ部に配線材が付けっぱなしになっていますが、
コイルを巻いていく際には片側のハトメ部分から巻き始め、
目的の回数を巻き終わったらもう片方のハトメに縒り込み、
配線材を取付けるというのが基本的な手順となります。

ちなみに、ポールピースの高さを個別に調整する目的で、
一度完成されたピックアップのポールピースを叩く等すると、
動いたポールピースや蝋につられてコイルが動いたり、
擦れてしまう事で断線の危険がある為お勧めしません。
ピックアップ自体非常に繊細なパーツの為、
何かしらの作業を行う場合には最新の注意を払いましょう。
大久保