リプレイスメントパーツのススメ!第42回「Grahtech ResoMax Wraparound」

みなさんこんにちは。

1

2

3

以前にお客様より新規取り付けの
ご依頼頂いた際にも簡単にご紹介させて頂いた、
Grahtechよりラインナップされている、
「ResoMax Wrapround」というブリッジを、
GibsonのLesPaul Juniorへの木工加工無しでの
交換を試みながらご紹介させて頂きます。

4

前述の記事内と重複しますが、
STP一体型ブリッジではサドル部に掛かるテンション不足や、
オクターブの問題等が付き物です。

そういった問題点を解消・緩和する為に、
オクターブ補正用の突起が施された物や、
TOMの様にサドル毎にオクターブ補正・溝切りが可能な物等、
様々なブリッジが販売されています。
しかし、やはり全ての弦において正確なオクターブを取る事が困難であったり、
非常にシビアなサドル部の溝切りや調整が必要になる物では、
手軽にお客様自身で交換するというのも難しいと思います。
今回のResoMaxではどうなるのか、試してみましょう。

5
純正

6
ResoMax用

ブリッジの交換に際して、スタッドもResomaxの厚みに
対応した付属の物へ交換します。
インチ規格のスタッドとアンカーが付属している為、
今回のGibsonのLesPaulJrへはスタット部のみの交換で
対応が可能となっており、元の状態へ戻すのも簡単です。
また、ブリッジのスタッドを受ける部分の間のピッチは約82mmと、
一般的なストップテールピースと同等になっており、
弦間ピッチは公称で10.48mmとなります。

7

8

以前の記事では写真を撮り忘れておりましたが、
ブリッジ本体裏面のスタッドとの接触部に、
マグネットが仕込んである事で安定性の向上や
弦を外した際の不用意な落下といったリスクを軽減しています。

9

10-46のゲージを張りレギュラーチューニング、
12フレット上で1弦1.5mm~6弦2mmの一般的な状態で、
更にサドルのオクターブ調整可能域に
若干の余裕を持たせる位置で調整した場合で、
今回の個体では上記画像の様になりました。

サウンドとしてはすっきりとして分離の良い、
モダンで硬質なイメージの音色ではありますが、
独特のエアー感・残響感もあり、軽快なカッティングから
厚みのあるソロまで広く対応し易いキャラクターだと思います。
裏側から見た画像で分る通りサドル下にスリットが施してある事や、
素材自体が軽量である事が上記サウンド形成への影響と思われます。

10

機能面については、サドルに対するテンションが
ひとつひとつにしっかりと掛かり安定しており、
サドル・本体に最初から適正な角度・幅の溝が
施されている為加工も必要無く、
オクターブについても今回の個体では
全ての弦において適正な位置を取ることが出来ました。
無加工での交換が可能でこれだけの効果が得られるのは
大きなメリットだと思います。

11

ただ、新規取り付けの場合と違い、
スタッドアンカーを元々の物を使用し、
ブリッジに溝が既に施されているという事は
弦の通る位置や角度・センター等は全て
元のアンカー位置によって決定される事になります。
結果として、今回は弦の通る位置が6弦側にシフトする事となりました。

通常のストップテールピース単体の仕様の楽器から
アンカーの位置を修正せずに交換すると、
同じように6弦側にある程度シフトする場合が殆どだと思います。
1弦側が広く取ってあった方が弦落ちし辛くはなりますが、
プレイヤーによっては多少演奏性が気になるかもしれません。
また、ブリッジ全体をネック・ボディのセンターに対して垂直にし、
出来る限り弦がサドルに対して真っ直ぐ張られた方が、
弦の振幅も安定する事で更にピッチの安定感や、
適正なテンションが得る事が可能な為望ましかったのですが、
全ての弦でオクターブ調整域に余裕を持たせた状態にするには
上記画像程度のブリッジ全体の角度が必要になりました。
その為、前述の6弦側がやや張り始めから斜めになっていますね。

1弦側をもう少しボディエンド側に下げ、
それに伴い6弦側をネック側に出したい所ですが、
付属のブリッジ位置調整用イモネジの調整幅との兼ね合いと、
アンカー頭の半径程度はブリッジとの引っかかりが欲しい事から、
今回はこの位置での調整となりました。
もちろん、それでも各弦の安定性やピッチ感は通常の
ストップテールピース単体よりも大きく改善されております。

これまでのコラムでも基本的に無加工や少ない加工での
交換が可能な物を中心に紹介させて頂きました。
そういったパーツ・取付では元の状態に戻し易いという
大きなメリットがあるのに対して、
「デメリット」というと語弊がありますが、
元々の楽器の仕様や精度に左右される要素が
大きくなるという側面もあります。

現状改善したい問題点を明確にする事と、
それに対してどこまで本体等に加工を施して良いのか、
譲れないポイントはどこなのかを事前に考慮・ご相談させて頂き、
お客様にとって最も良い形でのご提案・作業が出来れば幸いです。
大久保