リプレイスメントパーツのススメ!第45回「Stealth Bass String Retainer」

みなさんこんにちは
改めまして今年も一年宜しくお願い致します。

今回ご紹介させて頂くパーツは、
Fenderよりラインナップされている、
「Stealth Bass String Retainer」というパーツです。

1

表側からナットで締め込み固定するタイプのペグでは、
ナットとヘッドトップの間にワッシャーが
挟み込まれていますが、
こちらはベース用ペグのワッシャー部分の
交換パーツとなっております。

楽器の仕様や弦の巻き数、ナット部からペグまでの距離、
テンションピン・ガイド等の有無によって、
弦が張られる角度やナット部へと加わるテンションは
各弦毎に異なります。
特に、往年のFenderスタイルのヘッド・ペグ構成の
4弦ベースでは、目いっぱい弦を巻いて角度を稼いでも、
3弦(A弦)のテンション不足が気になる方も多いと思います。
他にも、ドロップチューニングで使用する場合等には
4弦(E弦)にもう少しテンションや開放弦のサウンドに
ハリ・輪郭が欲しいと感じる事もあるでしょう。

ヘッドトップからの厚みが少なくて済む、
ブッシュが用いられているペグと比べると、
ナット締めタイプのペグではナットの厚み分弦を
巻きつけられる回数も少ない事が多い為、
限界まで巻きつけた場合の角度は浅くなりがちです。

2

そこで今回のStealthBassStringRetainerでは、
ワッシャー部にガイドを一体化させ、
弦の支点をヘッドトップに近い位置かつ
ナット側に近付けることで弦の張られる角度を深くし、
お手軽にテンションを稼ぐ事が出来るパーツとなっています。

3

サイズは内径が約17mm、
ガイドを含めないワッシャー部のみの
円形の外周が約23mmとなっております。
弦を通すガイド部の内系は計測位置により
誤差がありますが約3.3mm程度であり、
弦のゲージにすると130と同程度です。
ただ、楽器のスケールに適正な弦を使用していれば
ガイドに差し掛かる頃にはテーパーにより
弦は細くなっている事が殆どだと思うので、
弦のブランドにもよりますが気にする必要はあまり無いでしょう。

4

最近のFenderのモダンな仕様のモデルには
初期搭載されている物も多く、
4弦ベースでは3弦(A弦)に、
5弦ベース(※)では5弦(B弦)に搭載されている物があります。
※1.2弦間に加えて3.4弦間にもテンションピン有り

基本的にはそういったFenderで用いられている
ナット締めのペグに向けたラインナップではありますが、
前述のサイズに対応したペグポスト・ナットであり、
ヘッドトップ上で他のペグや木部等と
干渉しなければ他のナット締めのペグと
組み合わせても問題ありません。

弦の角度が変わる事に伴い、
ナット溝の適正な角度にも多少変化が生じる為、
必要に応じてナットの溝に加工が必要な場合もありますが、
ワッシャーの取り付け・取り外し自体は簡単な為、
特定の弦のテンション感がもう少し欲しい場合や、
前述の様にダウンチューニングを使用する場合には
特にお勧め出来るパーツだと思います。

大久保