OBP-3組込

1

以前もいくつかの記事で
搭載の様子をご紹介させて頂きましたが、
今回はAgularのOBP-3をMusicmanのStingrayへと
組み込んだ際の配線の様子です。
ここまで組み込んだ後、本体に取り付いている
ジャックやアース・電源類とPU部分を
配線して完了です。

過去記事でのOBP配線の例  

大きくカーブを描いており、
キャビティーのザグリ形状も細い為、
パーツの位置や向きの制約の中で
外観上の綺麗さや使用していく上での
トラブルの防止といった事を考えながら
配線を行っていきます。

2

配線材の束に隠れて見え辛いですが、
固めのラジカル線でポット同士を繋いでおり、
そこに配線材を沿わせるように取り回しを行っています。
ポット自体の側転を予防すると共に、
過去記事と同じくプレートマウント等の
キャビティーが狭い物への取り付けの場合配線材の
余分な遊び・タワみで組み込みに手間取る事も無く、
使用中も半田付け部分への負担が発生し辛いです。

…ところで、OBP-3では各EQポットへと
配線が3本ずつ向かうのですが、
その3本の配線がプリアンプ本体から
出てくる位置にバラつきがあるんですよね。
内部基板上の都合や、プリアンプのサイズを
なるべく小さくする等の目的の為でしょうか。
まとまった位置から出て来てくれていれば、
さらにミニマルな外観の配線が可能な気もします。

大久保