コントロールプレートアース

1

コントロールプレートに回路がマウントされている楽器や、
ピックガードの裏に金属のプレートや
導電性のシートが張られている楽器では、
ポット・ジャック等のアースを配線ではなく
上記のプレートやシートを介して取られている物も多いです。

特にそういった仕様で組まれている事が多いのが
ジャズベースタイプの楽器ですが、
その場合パーツが緩んだ際やプレートとの
接点部の酸化等によりアースが取れなくなったり
不安定な状態となってしまう事があります。
各PUのアース・コールドや弦アースはポット裏に配線されている為、
そのポットのアースが取れなくなると、
同時にPUの配線や弦アースが切れているのと同じ状態となります。

そういった事態を避ける為にも、
ポットやジャックのアースを配線・半田付けにより
取っておく事は非常に有用です。
ジャック・ポット交換や配線修理のご依頼を頂いた際には
合わせて作業をお勧めする事が多いですね。

大久保