ABR-1凹

1

2

GisonのABR-1のサドル類を外した画像です。
サドルが収まる凹部分は3.4弦から外側の1.6弦に
向かうに従って深くなっている事で各弦の
大まかな弦高が決定され、
クラフトマンや我々リペアマンが弦溝を切る事で
最終的な弦高バランスが決定されます。

ネックの状態やアール、プレイヤーの好みによっても
望ましいセッティング・バランスは変わってくる為、
調整をするに当たって我々も特に気を使う部分でもあります。

大久保