PacificaCustomジョイント部

1

2

YamahaのPacificaCustomのネックジョイント部の画像です。
フロントPUにも跨るかなり深めのジョイントとなっており、
アルミの削り出しプレートを介してボルトで固定する事で
強度を稼ぐ構造となっています。

以前のサスティーンブロック等もそうですが、
Yamahaは様々な媒体の技術や着想を持っている為か、
新旧問わず他ブランドとは少し違った視点の
独特な構造やパーツを持っている物が多いですね。
今後も機会があれば少しずつ紹介出来ればと思います。

大久保